FOLLOW US

東京五輪で選手たちをフィットネス面からサポート。テクノジムが『東京2020オフィシャルサプライヤー』に決定

テクノジムが東京五輪のフットネス機器カテゴリーのオフィシャルサプライヤーに決定した

 TECHNOGYM S.p.A.(日本語名:テクノジム/以下:テクノジム)は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と東京2020スポンサーシッププログラムの「フィットネス機器」カテゴリーにおける東京2020オフィシャルサポーター契約を締結し、『東京2020オフィシャルサプライヤー』に決定したと発表した。

 オリンピックのオフィシャルサプライヤーを務めるのは、2000年のシドニー大会から夏冬合わせて8大会目。今夏に開催される東京五輪では選手村のフィットネスセンターや競技会場、練習場の約30カ所において、オリンピックおよびパラリンピックの開催期間中にわたり、選手にトレーニング・フィットネスの場を提供する。もちろん、サッカー五輪代表の選手たちも利用する予定だ。

 テクノジムは1983年に創立されたウェルネスとフィットネス業界におけるリーディングカンパニーで、テクノジムが手掛けるマシンは世界中に8万を超えるウェルネスセンターと30万戸の個人宅で利用されている。サッカー界では、スペインのレアル・マドリードを始め、イタリアのユベントス、ミラン、インテル・ミラン、フランスのパリ・サンジェルマンに提供され、トップアスリートたちのフィジカル面を支えている。

 以下、リリースより、テクノジムの社長兼創設者のネリオ・アレッサンドリと森喜朗 東京2020組織委員会会長のコメント。

■テクノジムの社長兼創設者のネリオ・アレッサンドリ
「このたび、当社が東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会においてオフィシャルサプライヤーに決定したことを大変光栄に思います。当社は、アスリートの目標達成をサポートするために、最も革新的な製品開発に日々取り組んでいます。今回の偉大な成果は、テクノジムチーム全員の勝利であると確信しています」

■森喜朗 東京2020組織委員会会長
「このたび、テクノジムがフィットネス機器のオフィシャルサプライヤーになりました。テクノジムは、過去大会においてもトレーニングセンター、各競技会場へのフィットネス機器の提供を通じて選手のベストパフォーマンスを支えてきました。東京2020大会においても、テクノジムとともに選手がベストパフォーマンスを発揮できる環境をつくりあげていきたいと思います」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA