2019.09.13

熱中症対策に効果あり!? シャープが『蓄冷材』を応用した新商品の開発を発表

シャープが『TEKION』ブランドの新規商品開発を発表した
サッカー総合情報サイト

 シャープ株式会社が、13日に新規事業説明会を実施。独自開発商材である『蓄冷材』を応用した、トップアスリート向け商品を開発していることを発表した。

『蓄冷材』とは、物体や人体の温度・体温を冷やしたり、保つことができる素材である。「暮らしの中の“ちょうど良い”温度(=適温)はそれぞれ異なる」という観点から、蓄冷材のブランドは『TEKION』と名付けられている。そして、この『蓄冷材』を応用した新規商品が、『TEKION暑熱対策グローブ』と『TEKIONアイススラリーBOX』だ。

『TEKION暑熱対策グローブ』は、シャープがデサントジャパン株式会社と、株式会社ウィンゲートの3社で共同開発した商品である。『蓄冷材』を専用グローブの内側ポケットに装着して着用することで手掌部表面温度を下げ、深部体温の上昇を抑えることができる。

『TEKIONアイススラリーBOX』は、シャープとウィンゲートが共同開発した商品だ。微細な氷の結晶を含んだ飲料『アイススラリー』を電源なしで作ることができる、業界初のクーラー容器である。冷蔵庫で冷やした飲料より、効果的に体を冷やすことが可能だ。

『TEKION暑熱対策グローブ』は、早期実用化を目指して、世界のトップアスリートが活躍するマラソンや競歩などの国内外競技大会で今秋より実証実験を開始。『TEKIONアイススラリーBOX』は現在、株式会社セレッソ大阪や、株式会社楽天野球団の東北楽天ゴールデンイーグルスなどのスポーツチームで実証実験中とのこと。

 2020年には東京オリンピックも開催され、スポーツ業界での熱中症対策は急務となっている。また、スポーツ業界に限らず、昨今は酷暑の影響で体調に異変をきたすケースも多発している。健康的にスポーツを行うため、暑さから身を守るために心強い味方となる両商品は、2020年春~夏頃の販売を予定している。

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
56pt
FC東京
56pt
横浜FM
55pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
72pt
山形
64pt
横浜FC
64pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
52pt
藤枝
50pt
群馬
49pt
Jリーグ順位をもっと見る