FOLLOW US

【カターレ富山×Pococha】富山vs長野戦でPocochaの入賞ライバーがセレモニーに登場!

 25日、J3リーグ第14節 カターレ富山対AC長野パルセイロが行われた。この試合のキックオフ前に行われたセレモニーに登場したのは、ライブコミュニケーションアプリ『Pococha』で活躍するライバー(配信者)たちだ。

『Pococha』内で開催されたイベント「Pocochaプレゼンツマッチ カターレ富山 キックオフセレモニー」で、SAステージの1位に輝いた「けいちゃん」さんがキックオフセレモニーを担当。SAステージ2位の「前田もも」さん、BCステージ1位の「雪国のイカ」さんの2名がマスコットエスコートを担当した。

 約2800人の観客に見守られ、選手たちの後ろに続く形で3名と富山のマスコット「ライカくん」がピッチに入場。「けいちゃん」さんが勢いよくボールを蹴り入れると、スタジアムは大きな拍手に包まれた。

「選手の皆さんが『今からやるぞ!』みたいな空気で、私もちゃんと蹴らなきゃってすごく思って。思い切り蹴ったらちゃんとまっすぐ行ったので『良かった〜』という感じでした(笑)」

「けいちゃん」さんはキックオフセレモニーをそう振り返ると、「地元が富山県なので、地元が盛り上がることがしたいなとずっと思っていて、Pocochaで富山のイベントがあったらなるべく出るようにしていて。もともと中学生くらいのときにカターレのサポーターでいつも見ていたので『これは出るしかない』、『家族も喜ぶかな』と思って(イベントに)出ました」とイベントに参加した理由を語った。

 マスコットエスコートを担当した2名のライバーも、「今回のイベントに出たのは、富山が地元だからです。家族も応援してくれましたし、今日はスタジアムに友人も来てくれました。途中、ライカくんが(ボールを置く台に)ぶつかったりして面白かったです(笑)」(前田ももさん)、「緊張しましたけど、プロのピッチに入れるなんてすごいなあと思いました。自分もサッカーをやっていたので、『憧れの場所に入れるのか』って感慨深かったですね」(雪国のイカさん)と、興奮冷めやらぬ表情でセレモニーを振り返った。

Pococha(ポコチャ)とは……
株式会社ディー・エヌ・エーが運営する、スマホさえあれば誰でもいつでも簡単にライブ配信と視聴ができるライブコミュニケーションアプリです。ライバーとリスナーによる双方向コミュニケーションで、一緒にライブ配信を盛り上げます。コンセプトは「Live Link Life」。熱く応援してくれるファンに出会い、ファンとつながるコミュニティ・プラットフォームとして、ライバー・リスナーの両者にとって居心地のよい場を提供しています。
https://www.pococha.com

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO