FOLLOW US

チェルシーのコーチが子供たちを直接指導…サッカークリニック開催

マリノスタウンで開催されたチェルシークリニック

 アディダス ジャパン株式会社は26日、世界と互角以上の戦いができる日本人選手の育成を目指す『adidas Chelsea FC Clinic』を神奈川県横浜市のマリノスタウンで開催した。台風27号の影響により当初予定されていた午前の部は中止となったが、天候が回復した午後の部は開催され、57名の中学生が参加した。

 子供たちは、オスカル、フェルナンド・トーレスといったチェルシーで活躍する選手の名を冠したチームに分かれてトレーニング開始。チェルシーの国際育成コーチ指導の下、シュート練習やミニゲームなどのメニューを積極的に取り組んだ。

 当初は固い表情だった子供たちだが、コーチ自らがゴールパフォーマンスを披露すると緊張が解けた様子。真剣な眼差しでチェルシー独自の指導を受けていた。

 練習メニューは約2時間で終了となり、子供たちにはクリニック参加の証明書がコーチから手渡された他、4名の最優秀選手にはスパイクがプレゼントされた。最後はチェルシーの伝統的なダンス『バウンシー』を全員で踊り、大盛況の中でクリニックは終了を迎えた。

 チェルシーの国際育成コーチであるジュリアン・ハート氏はクリニック終了後、「聞く力を持っていて素晴らしい。常にサッカーを楽しむことを意識してほしいと思います」と感想を述べ、日本の子供たちにエールを送っていた。

 また、最優秀選手の1人である斎藤温貴君は「初めて外国の人に教えてもらいました。自分が(最優秀選手に)選ばれてびっくりです。海外に行ったら、こういう風に教えられるんだと思いました」と笑顔で話し、楽しい時間を過ごせたことを喜んでいた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA