2019.04.03

中澤佑二、現役引退後はラクロスの指導者に…TVで転身の理由を語る

中澤佑二
中澤佑二は現役引退後についてテレビで語った [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元日本代表DF中澤佑二氏は3日、日本テレビ系バラエティー番組「衝撃のアノ人に会ってみた!レギュラー決定SP」に出演。番組内で、現役引退後にラクロスの指導者として活動を始めたことを明かした。

 中澤氏は今年1月に現役引退を発表。20年間に及んだプロ現役生活に終止符を打ち、「今後のことはこれからゆっくり考え、また皆さんにご報告出来たらと思います」と横浜F・マリノスの公式HPにて別れを告げた。

 そして現在中澤氏は、女子大学生にラクロスの指導を行なっているという。自身の子供がラクロス部に所属していることをきっかけに、指導意欲が湧いたと説明。週に5日間はラクロスの指導に打ち込んでいるようだ。

 指導においては自身のプロサッカー選手としての経験を生かし、フィジカルトレーニングなどに力を入れているという。中澤氏はラクロス未経験者ということもあり、試合を観戦しながら研究し、指導しているそうだ。

Jリーグ順位表

FC東京
30pt
名古屋
24pt
大分
24pt
Jリーグ順位をもっと見る
山形
28pt
水戸
27pt
大宮
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
18pt
讃岐
18pt
C大23
17pt
Jリーグ順位をもっと見る