2018.11.06

南葛中、全国3連覇へまず県大会突破 大空翼が2得点1アシストの活躍

サッカー総合情報サイト

「全国中学生サッカー大会」静岡県大会決勝が行われ、南葛中学校が大友中学校に3-1で勝利して、全国大会出場の切符を手にした。

 3年連続の全国制覇を目指す南葛中はエースの大空翼や井沢守、来生哲兵、滝一といった面々が先発。一方の大友中も浦辺反次や岸田猛ら3年生とともに、2年生ながら得点源であるFW新田瞬がスタメンに名を連ねた。

 小学校時代に南葛SCとして日本一に輝いた経験を持つ選手を両校とも多数抱え、互いをよく知るものの対決となった一戦。南葛中は大空をこれまでのトップ下起用から一列下げ、ディフェンシブハーフ(ボランチ)に配置し、新田をケアする慎重な立ち上がりを見せる。一方の大友中は浦辺を中心とした「大友カルテット」の堅守から新田のスピードを生かした速攻で好機をうかがう展開に。

 南葛中はボールを支配するも、大空が低い位置を取っているため攻撃にリズムが出ず、徹底マークを受けていることあって苦戦。フリーで抜け出した井沢のシュートは、新田ともに小学生日本一に輝いた2年生GK一条勇の好守もあって、なかなかこじ開けられない。

 大友中は一瞬の隙から“隼シュート”と称される新田の強烈な一撃で先制を狙うが、わずかに枠をそれる。拮抗した展開が続き、スコアレスで折り返すかと思われた前半終了間際に試合が動く。

 南葛中は左サイドで来生がボールをキープすると、大空が好機とばかりに右サイドを駆け上がり、パスを要求。井沢を経由してのロングボールがピタリとあうと、意表を突くノートラップ・ロングボレーシュートをダイレクトに放ち、ゴール右隅へ突き刺して先制点をもたらした。

 後半に入り、1点を追う大友中は形を崩さず、堅守から新田にボールを集める。ゴール正面で得たFKは、崩れた壁の隙間を縫って、新田のシュートが枠をとらえたが大空が必死のクリア。ここから南葛中がカウンターに転じると、大空がドリブルでの突破から強烈なシュートを放つも、GK一条は再び好セーブを見せる。

 この大空が攻め上がったスペースを見逃さなかったのが新田だった。ロングボールが出ると、前半の大空の得点同様にノートラップでボレーシュート。「ノートラップランニングボレー隼シュート」を試合中に完成させ、南葛中のサポーターを沈黙させる一撃で試合を振り出しに戻した。

 両エースが得点する好ゲームとなった決勝だが、ここから地力を見せたのは“王者”南葛中だった。大空が高いポジションを取るようになると、攻撃が活性化。流れるようなパス回しから大空のクロスを来生がヘッドで落とし、最後は再び大空。ミドルシュートを決めて、勝ち越しに成功すると、試合終了間際にも大空のクロスから滝がダイビングヘッドで押し込んで、ダメ押し。

 苦しむ時間帯もあったが、南葛中が3連覇へ向けて、まず第一関門を突破した。

南葛中学校vs大友中学校の試合模様は、各放送局または各配信サイトにて視聴可能。
※放送情報&配信情報はこちら
大空らの白熱した試合をお見逃しなく!

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
甲府
19pt
水戸
19pt
山形
18pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る