FOLLOW US

U-18の千葉ダービーは、広さと奥行きを活用するポゼッションサッカーで柏が圧勝

柏U-18の6番、秋野央樹はすでにトップにも登録

 2日、日立柏総合グラウンドで、高円宮杯U-18サッカーリーグ2012 プリンスリーグ関東1部リーグの柏レイソルU-18 vs ジェフユナイテッド市原・千葉U-18が行われた。ホームの柏U-18が4-1で勝利を収めている。

 試合は終始柏U-18のペース。ボールを前後左右に動かし、広さと奥行きを活用するポゼッションサッカーで千葉U-18を圧倒した。7分、左CKのボールをDFの中谷進之介がニアサイドで頭で合わせて先制すると、28分にはシュートのこぼれ球をFW川島章示が押し込みリードを2点に広げる。35分には最終ラインから丁寧にボールをつなぎ、最後は木村裕がきっちりとゴールを奪った。前半終了間際にもCKから御牧建吾が得点を挙げ、前半でほぼ試合を決定づけた。

 首位の桐光学園高校が敗れたため、柏U-18は同校と勝ち点39で並び優勝へ望みをつないだ。得失点差では桐光学園高が31、柏U-18が26となっている。

 プリンスリーグ関東1部リーグの最終節は9日、各会場で行われる。

▼プリンスリーグ関東1部リーグ 第17節の試合結果
FC東京U-18 3-0 前橋育英高校
桐光学園高校 1-3 市立船橋高校
山梨学院大学附属高校 3-4 横浜 F・マリノスユース
柏レイソルU-18 4-1 ジェフユナイテッド市原・千葉U-18
川崎フロンターレU-18 5-1 桐蔭学園高校

[写真]=赤石珠央(サッカージャーナリスト養成講座)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO