FOLLOW US

宮市、アーセナル残留への危機感「小さなミスも許されない」

アーセナルでプレーすることの誇りと難しさを語る宮市 [写真]=山口剛生

 アーセナルに所属する日本代表FWの宮市亮が25日、アルセーヌ・ヴェンゲル監督、ジャック・ウィルシャー、アレックス。チェンバレンらとともにNIKE FCの選抜メンバーとのトレーニングセッションに参加。同セッション後、宮市はアーセナルでプレーすることの誇り、難しさについて次のように語った。

「やっぱりビッグクラブと呼ばれるクラブですし、なかなかこういう機会は自分自身ないので、全部を吸収していきたいなというのはいつものプレシーズンもそうですけど、それは常に思っています。アーセナルのユニホームを着ると身が引き締まりますし、恥じないプレーをしないといけないと感じています。ただ、アーセナルの選手としてプレーするのはミスも許されない世界ですし、小さなミスが本当に大きなことにつながっていくので、練習でもそうですけど、例えば『あっ、ここ取られてしまったな』という時に見られていたり、常に気を抜けないというか、そういう環境だと思います。その中で自分がプレーさせてもらっていることは、自分にとって本当に大きなことだなと感じています」

「僕自身は、まだアーセナルの選手として1年間プレーしたことがありません。正直、微妙な立ち位置でもあるので、こういう形で取り上げていただくことはうれしいですけど、もしまた日本に帰ってくることがあったら、しっかりと『アーセナルで活躍した宮市亮』として帰ってきたいという思いがあります。ケガをしていろいろな経験をした昨シーズンから学べたことも多かったので、そういうことを絶対に生かしていかなければいけないと思います」

 また、26日の浦和レッズ戦については「やっぱりサポーターが熱いですし、埼玉スタジアムという日本を代表するスタジアムの中で、いい雰囲気の中で試合をやらせていただけるんじゃないかなと思います」とコメント。「自分を分析するいい機会だとも思っているので、出場したら一生懸命やりたいですし、フィットネスの部分であったりも確認しながら、ケガをしたらどうにもならないので、しっかりとやっていきたいと思います」と意気込みを語った。

 アーセナルは26日19時半から日本での第2戦となる浦和レッズとの試合に臨む。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO