2013.07.08

バルサのスペイン代表MFセスク「メッシ抜きでも十分に勝てる」

セスク
バルセロナに在籍しているセスク [写真]=Getty Images

 スペイン代表MFセスク・ファブレガスが、バルセロナが「メッシ依存のチーム」と指摘されている点について、自身の見解を明かした。『ワールドサッカーキング0718号』内のインタビューで語っている。

 セスクは、バルセロナがエースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに頼っているという指摘について、「この数シーズン、メッシはほぼすべてのゲームでプレーし、ゴールを量産してきた。近年のバルサがメッシに依存してきたというのは確かだと思う」とコメント。「実際、僕もボールをもらった時点で、まずメッシを探すからね。それは他の選手も同じだ。極端な言い方をすれば、全員がメッシの動きを見ながらプレーしている」とメッシへの依存を認めた。

 一方で、「でも考えてみてほしい。ゴールを確実に決める選手がいるという状況で、その選手にボールを預けるのは極めて自然なことだ。繰り返すけど、この数シーズン、メッシは常にピッチ上にいた。つまりは、おのずとメッシ不在時の攻撃のバリエーションについて考える必要性が低かったということだ。少なくとも、昨シーズンの CL準々決勝のパリ・サンジェルマン戦まではね」と語るとともに、エースの離脱後についてのチーム状況につて言及した。

「でも、パリでのファーストレグでメッシはケガを負ってしまった。その試合は何とか引き分けに持ち込んだけど、カンプ・ノウで迎えたセカンドレグでもチームは思うように機能しなかった。アウェーゴールによって辛うじて準決勝進出を果たしたけど、メッシがフル稼働できない時にどうなるか、チーム全員が不安に感じたよ」

「それでも、リーガのラスト3試合は、メッシ抜きで僕らはすべてに勝利した(バジャドリー戦に 2-1、エスパニョール戦に2-0、マラガ戦に4-1で勝利)。特に最終節のマラガ戦では僕や(アンドレス)イニエスタがゴールを決めたことで、メッシ抜きでも十分に勝てるチームであることを証明できたと思う」

 バルセロナは、2012-2013シーズンに2年ぶりのリーグ制覇を達成。新シーズンは、23度目の優勝を目指す。なお、セスクのインタビュー全文は発売中の『ワールドサッカーキング0718号』に掲載されている。

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る