2019.12.13

【Jr.EXILEリレー連載 #1】中島颯太(FANTASTICS from EXILE TRIBE)「落ち込むより前向きに」

サッカー総合情報サイト

 サッカー経験者が多く在籍するJr.EXILEのみなさんの「ON」(熱中する時間)と「OFF」(リラックスする時間)を探る、雑誌『SOCCER KING』との連動企画です。WEB『サッカーキング』では「ON」の一面をお見せします!

インタビュー・メイキング動画はコチラから
第1回はFANTASTICS from EXILE TRIBEから中島颯太さんが登場!
中島颯太(なかじま・そうた)|1999年8月18日、大阪府生まれ。2017年に加入したFANTASTICS from EXILE TRIBEではボーカルを務める。サッカーのほかに、卓球やアメフト、バスケットボールが好き。

―ご自身の性格を一言で表すと?
中島颯太(以下、中島)「ポジティブ」ですね。自分でもそう思いますし、周りにも言われます。高校時代、クラスの全員から「落ち込んでいたり、機嫌が悪くなっていたりする姿を見たことがない」と言われていたくらい明るいです。関西出身ということもあって人としゃべるのが好きなんです。いや、しゃべること以上に、人が好きなのかもしれないです。

―仕事で失敗したときは?
中島 へこむことはありますけど、「次はこうしよう」と前向きに考えて、すぐに切り替えられます。だから落ち込むのではなく、自然と楽しくなっちゃうんです。

―「ON」にさせてくれるものは?
中島 2人でも3人でも、誰かといるときは常に「ON」ですね。相手を笑わせようと思うと、より「ON」のスイッチが入ります(笑)。歌っているときはもちろん、楽器を演奏するときも「ON」です。基本的に、「楽しみたい」と思うことに対しては「ON」になっていると思います。

―何の楽器を演奏するんですか?
中島 ピアノとギターです。ピアノは親の影響で幼稚園から小学3年生くらいまで習っていて、母と妹と僕とで連弾したこともありました。途中、嫌になった時期もあったのですが、歌を歌うときに音程を取れますし、今思えばやっていて良かったと思います。ギターは中学生のときに初めて触って、放課後には友達と集まって演奏していました。最初は自分のギターを持っていなかったので、おこぼれをもらおうといろんな人に「ギターがほしい」と言っていました(笑)。ピアノもギターも独学で続けていて、よく時間を忘れて没頭しちゃいます。

―「これだけは誰にも負けない」と言えるものは?
中島 朝が強い。中学校と高校が遠かったので、早起きの習慣がついたんだと思います。アラームは1回で起きれますし、起きてすぐに家族とよく会話していました。あ、でも妹は別です。僕は朝から「ON」なのに、妹は「OFF」の状態で機嫌が悪いから、話しかけないようにしていました(笑)。

―サッカーを始めたきっかけは?
中島 お父さんがサッカーをやっていたので、幼稚園の頃から一緒に遊んでいました。小学生からサッカースクールに通い始め、中学3年生までトップ下やボランチでプレーしていたのですが、高校からはフットサルを始めました。

―なぜフットサルに転向したんですか?
中島 中学3年生のとき、「長時間、目に紫外線が当たるのを避けるように」とドクターストップがかかったんです。やむを得ずサッカーを辞めることになったときは、さすがに落ち込みました。だけど、室内でプレーするフットサルなら続けられると思ったんです。近くにシュライカー大阪というフットサルチームがあったので、すぐに気持ちを切り替えて入団を決めました。

―サッカーとの違いを最も感じた部分は?
中島 スピードですね。攻守の切り替えが早すぎて、最初は3分プレーするだけでもしんどかったです。あとはフィジカルの重要性。足元の技術があればやっていけると思っていたんですが、全然そんなことなくて。狭いコートの中では、テクニックもフィジカルも備わってないと通用しないことが分かりました。僕はあまりフィジカルが強いタイプではなかったので、ドリブルやパスを武器に戦っていました。

―好きな選手やクラブは?
中島 昔からネイマールが好きです。プレースタイルをお手本にしていました。もしネイマールとプレーできたら……うれしいけど、緊張感がハンパないでしょうね(笑)。パスが来たときも、返すときも緊張すると思います。得点を決めたときに、一緒に喜べたら最高ですね。

―メンバー内でサッカーの話をすることは?
中島 サッカー経験者が多いのでよく話題になります。EXILE CUPという小学生のフットサル大会が毎年行われていて、そこにメンバーが参加させていただくこともあって。子供たちとプレーするのはすごく楽しいです。僕が小学生のときより格段にレベルが上がっているので、結構本気になっちゃいます(笑)。

―サッカーの魅力は?
中島 GK、DF、MF、FWそれぞれが責任を持ち、やるべき仕事をしながら一つの目標に向かっていく団結力や、何事も諦めない気持ちだと思います。これからはアーティスト活動を通じて、サッカーやフットサルで学んだことを表現していきたいと思っています。

取材・文=近藤七華
写真=吉田 武
スタイリング=jumbo(speedwheels)
ヘアメイク=大木利保(コンティニュー)

『SOCCER KING』2020年1月号

CRAZY MANAGERS クレイジー・マネージャーズ

amazonで購入

【INFORMATION】

FANTASTICS from EXILE TRIBE
最新作『Time Camera』/Now On Sale!
詳細はこちら

【Jr.EXILEリレー連載】のバックナンバー

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る