2014.02.03

香港遠征は連敗も…イタリア仕込みの新戦術に期待かかるFC東京

FC東京
クリリア・ソヴェトフとの親善試合に先発したFC東京イレブン [写真]=三浦彩乃

 香港で開催されているAET賀歳盃(Lunar new Year AET CUP)。日本からFC東京が参加している同大会は、4クラブによるトーナメント制で行われ、SCオルハネンセ(ポルトガル)、PFCクリリア・ソヴェトフ・サマラ(ロシア)、シチズン・ユナイテッド(香港)も出場。1月31日の初戦でPK戦の末にSCオルハネンセに敗れたFC東京は、2月3日の3位決定戦でPFCクリリア・ソヴェトフ・サマラと対戦。惜しくも0-1で敗れ、未勝利で大会を後にすることとなった。なお、大会は地元のシチズン・ユナイテッドが決勝でSCオルハネンセを2-0で破り、中国の旧正月を記念して開催された大会に華を添えている。

 プレシーズンのトーナメントとはいえ、Jリーグ初のイタリア人指揮官マッシモ・フィッカデンティ新監督にとっては初の公式戦。始動から約2週間という難しいコンディションの中、新たに取り組んできた4-3-3のシステムで大会に臨んだ。

 SCオルハネンセとの初戦では、後半に不運なPKで先制点を献上したものの、途中出場した石川直宏と三田啓貴が積極的にシュートを狙うなどして流れを引き寄せ、67分に左サイドからカットインした三田の右足シュートで同点とする。その後も一方的に押し込んだが、決定機を決めきれずに試合終了。7人目までもつれ込んだPK戦で5-6と敗れ、3位決定戦に回ることとなった。

 PFCクリリア・ソヴェトフ・サマラとの2戦目はSCオルハネンセ戦からスタメンを6人入れ替えてスタート。初戦で途中出場して実力の片鱗を見せていたエドゥーが3トップの中央で存在感を見せ、ポストプレー、ターンしてのチャンスメイク、得意の左足シュートなどで攻撃の中心なったが、徐々にプレスが仕掛けられなくなり、3トップの両ウイングが押し込まれる展開に。ボールを奪ってから攻撃へ切り替える際に相手ゴールまでの距離が遠く、「出ていくのがキツかった。しっかりポジションを取って守っているけど、プレスの仕掛けどころをどうするか確認しないと。自分たちからアクションを仕掛けるような守備もしていきたい」(渡邉千真)と課題を口にしていた。

 後半立ち上がり、「足の運びが悪くて、ちょっと滑ってしまった」という吉本一謙が相手のマークを一瞬外してしまい、ロングボールをヘディングでつながれて先制点を許してしまう。後半もメンバーを入れ替えながら相手ゴールに迫ったが、シュート精度を欠いて同点ゴールはならず。このまま0-1で敗れ、香港遠征は2連敗で終了した。

 だが、沖縄キャンプから香港遠征と2部練習が続き、新指揮官が新たなフォーメーションを採用し、コンディション調整途上であることを考えれば、収穫と課題の双方が見えるのは当然。フィッカデンティ監督も「2週間の厳しいトレーニングの上で、コンディションの整った一定レベル以上のクラブに対して、この内容のサッカーができた。開幕までの1カ月でサポーターの期待に応えるだけのサッカーをお見せできると信じている」と手応えを口にした。

 香港遠征では結果こそ出なかったものの、フィールドプレーヤーを全員起用。それぞれの可能性を見いだすことができたはずだ。中でも空中戦で圧倒的な存在感を見せた新センターバックのマテウス、「まだコンディションは15パーセントくらい」と言いながらも力強いプレーで大きな期待を集めるエドゥー、得意の仕掛けを生かせるウイングで果敢なプレーを見せている石川、左ウイングで「自分の良さを出せそう」と語る渡邉、攻撃センス溢れるプレーで2年目のブレイクを予感させる三田など、新シーズン開幕に向けて楽しみな選手は多い。フィッカデンティ新監督のサッカーについて、権田修一は「まだまだ奥深そう」と語る。イタリア仕込みの戦術で戦うFC東京の2014シーズンに注目だ。

文=青山知雄(Jリーグサッカーキング編集長)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
60pt
福岡
55pt
名古屋
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
沼津
35pt
富山
35pt
Jリーグ順位をもっと見る