FOLLOW US

関東1部からマンU戦の決勝ゴール…横浜FM樋口監督「MOMはファビオ」

ウェルベックとマッチアップする横浜F・マリノスのファビオ[写真]=Getty Images

 23日に行われた横浜F・マリノス対マンチェスター・ユナイテッドの親善試合は3─2で横浜FMが勝利した。

 コンディションが悪く覇気もなかったマンUに対し、横浜FMは終始積極的な姿勢で攻め入り、開始1分にはマルキーニョスが早々と先制ゴール。前半のうちに逆転されたものの、迎えた後半4分、CKからDFのファビオが同点ゴールを叩き込んだ。
 
 ファビオは今季SC相模原から横浜FMへ移籍してきた長身ブラジル人DF。つまり昨季まで関東1部リーグでプレーしていた選手であり、その選手が超のつくビッグクラブに対してゴールをあげたということで、ネット上ではお祭り状態となった。

「去年まで関東1部のSC相模原にいた方のファビオが、世界のマンUから同点ゴールですよ!!!!全米が泣いて映画化するレベルの快挙!!!」

「去年の11月中津の地域決勝で見たファビオがいまマンチェスターユナイテッド相手にゴール決めるなんて」

「ファビオは相模原の誇りや!!」

 等々、ツイッターのタイムラインはファビオの快挙を賞賛する声で溢れた。

 試合後ファビオは、「兵藤(慎剛)さんのボールが素晴らしかったので、ほぼ兵藤さんのゴール。こういう相手にしっかり戦えたことは、自分だけでなくチームにとっても大きな経験になったと思う」と殊勝にコメントしたが、横浜FMの樋口靖洋監督は「マン・オブ・ザ・マッチを選ぶとすれば?」と問われ、「ファビオにあげたい」と語った。

 なお、この試合のマン・オブ・ザ・マッチにはマンUの香川真司が選出されている。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO