2013.06.03

豪州戦への意気込みを語る細貝「まずはW杯出場を決める」

細貝萌
「全力を尽くすことしか考えていない」と力強く語った細貝 [写真]=佐山順丸

 日本代表MF細貝萌が、ホームで行われるブラジル・ワールドカップ予選のオーストラリア戦を前にサッカーキングの取材に応え、大一番に向けた意気込みを語った。

「この試合で(W杯出場を)決めることができるので、ホームでしっかりと結果を残したいです。まずはW杯出場を決める。それがチームのテーマだと思います」

「個人としては、代表での出場機会はまだ少ないですが、日本代表というのは限られた選手しか参加できず、日本のトップクラスの選手が集まっている場所なので、選んでもらっていることに関して誇りに思っています。試合に出場する、しないに関わらず、代表選手であるという気持ちを持ちながらチャンスを待ちたいと思っています。もちろん、ピッチに立つことになれば、全力を尽くすことしか考えていません」

 ドイツへ渡って2年半。レヴァークーゼンでプレーした昨シーズンは「ボランチでプレーできず、もどかしさもあった」と振り返る一方で、細貝自身はあくまでボランチで勝負する意思を持ち、フィジカル強化に取り組んでいたという。「レヴァークーゼンでは今まで以上にパワーの部分に力を入れるようになりました。これまではあまり使なかったウェイトを採り入れ、筋力トレーニングをしていました」。W杯予選に続きコンフェデレーションズカップと、この夏はタイトなスケジュールが続くが、「その中でしっかりトレーニングをして、新シーズンに備えたいと思います」と語り、世界で戦うための準備や体作りの重要性を強調している。

 すでに来シーズンからのヘルタ・ベルリン移籍を発表している細貝。「ボランチで勝負するために移籍を決断した」と思いを明かすとともに、「ボランチで勝負するため」の武器となるスパイク、「ナイキ CTR360」についても言及した。「ボランチは一度ミスをしたらやられてしまうポジション。ですから、自分としてはスパイクの質、履き心地が非常に大事だと思っています。このモデルはすごくフィットしますし、足に関しては何も困るところがない、という一足だと思います」

 日本代表は4日にブラジル・ワールドカップ出場権をかけたアジア最終予選でオーストラリア代表と対戦。引き分け以上の結果を収めれば、5大会連続5回目の本大会出場が決まる。

 なお、細貝選手のインタビューは6月6日(木)発売の『ワールドサッカーキング』に掲載される。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
25pt
FC東京
16pt
川崎F
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
21pt
岡山
21pt
山口
20pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る