2017.10.12

神戸U-18が大津の猛追振り切り3連勝で首位キープ/高円宮杯U-18プレミアリーグ

2ゴールを決めて勝利に大きく貢献したヴィッセル神戸U-18の秋山駿
サッカー総合情報サイト

 高円宮杯U-18プレミアリーグ第15節が10月7日から9日にかけて全国各地で行われた。

 WESTではヴィッセル神戸U-18が大津高校と対戦。秋山駿の2ゴールでリードを奪うものの59分、66分に失点を許して同点に追いつかれる。しかし、82分に泉柊椰の豪快なミドルシュートが決まり、神戸が大津の追い上げを振り切り3連勝で首位を守った。

 2ゴールをあげた秋山は「今シーズンはまだ結果を残せていなかったので、今日は絶対に点を取りたいと思っていました」と振り返り「今日は攻撃の主力が不在で、スタメンの座が巡ってきた絶好のチャンス。ちゃんと結果を出せて良かったですし、これからもチームメイトと良い競争をしていきたいです」と今後に向けた強い決意を口にした。

 敗れた大津の平岡総監督は「今日は負けてしまいましたが、才能のある選手たちと素晴らしいゲームができたと思います。子どもたちは正直なので、時間をかけた分だけ変わっていくものです。諦めない才能や向上心は継続しないと伸ばせないので、今日良いゲームができたから終わりではなく、今日できたことに加えて、さらなる上乗せをしたいですし、成功の確率を高めていきたいです」と試合後に話している。

 2位サンフレッチェ広島F.Cユースは、米子北高校に2-1で勝利。チームの2点目を決めた満田誠はシーズン9点となり、得点ランキングで単独トップに浮上した。ガンバ大阪ユースは東福岡高校に3-0で勝利。勝ち点3を積み上げて5位から3位に順位を上げている。

◆プレミアリーグWEST第15節
10月7日(土)
米子北高校 1-2 サンフレッチェ広島F.Cユース
ヴィッセル神戸U-18 3-2 大津高校
10月8日(日)
セレッソ大阪U-18 1-3 神戸弘陵学園高校
10月9日(月)
アビスパ福岡U-18 1-2 阪南大学高校
東福岡高校 0-3 ガンバ大阪ユース

◆プレミアリーグWEST順位表
1位 ヴィッセル神戸U-18 32pt(10勝2分2敗)
2位 サンフレッチェ広島F.Cユース 30pt(9勝3分2敗)
3位 ガンバ大阪ユース 25pt(7勝4分3敗)
4位 東福岡高校 23pt(7勝2分5敗)
5位 セレッソ大阪U-18 22pt(6勝4分3敗)
6位 米子北高校 16pt(4勝4分6敗)
7位 阪南大学高校 13pt(2勝7分5敗)
8位 神戸弘陵学園高校 12pt(3勝3分8敗)
9位 大津高校 12pt(3勝3分9敗)
10位 アビスパ福岡U-18 8pt(2勝2分10敗)

 EASTは1位エスパルスユース、2位青森山田高校、3位FC東京U-18がそろって勝利。上位の順位変動はなかった。柏レイソルU-18と浦和レッドダイヤモンズユースの一戦は勝ち点1を分け合っている。

◆プレミアリーグEAST第15節
10月7日(土)
柏レイソルU-18 1-1 浦和レッドダイヤモンズユース
鹿島アントラーズユース 0-1 清水エスパルスユース
京都サンガF.C. U-18 0-3 FC東京U-18
10月8日(日)
市立船橋高校 2-1 大宮アルディージャユース
横浜F・マリノスユース 0-1 青森山田高校

◆プレミアリーグEAST順位表
1位 清水エスパルスユース 33pt(10勝3分2敗)
2位 青森山田高校 32pt(10勝2分3敗)
3位 FC東京U-18 32pt(10勝2分3敗)
4位 鹿島アントラーズユース 23pt(6勝5分4敗)
5位 柏レイソルU-18 18pt(4勝6分5敗)
6位 京都サンガF.C. U-18 18pt(5勝3分7敗)
7位 市立船橋高校 14pt(4勝2分9敗)
8位 大宮アルディージャユース 14pt(4勝2分9敗)
9位 浦和レッドダイヤモンズユース 13pt(3勝4分8敗)
10位 横浜F・マリノスユース 12pt(3勝3分9敗)

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る