2017.11.04

C大阪を優勝に導いた尹晶煥監督…FW杉本を「日本代表でも応援してあげて」

C大阪
ユン監督の元、初優勝を成し遂げた [写真]=兼子愼一郎
サッカー総合情報サイト

 JリーグYBCルヴァンカップでセレッソ大阪を優勝に導いた尹晶煥監督が、試合を振り返っている。

「ここまで楽な道のりではなかったが、選手全員が頑張ってくれた。彼らにありがとう、そしてご苦労様でしたと言いたい。今日出た選手たちは、これまでカップ戦を戦い抜いてくれた選手たちの責任も背負って戦ってくれた。このチームを率いて幸せだね」

「クラブの新しい歴史の一部となれたことを嬉しく思う。これからも、今まで築き上げてきたものを披露したい」

 試合の分析を聞かれると、以下のようなコメントを残している。「今日はたくさんの観客もいたし、難しい試合だった。選手たちも平常心を保つのが難しかったと思う。それでも相手のミスをしっかり決めきれたことが、試合を優位に勧められた要因なんだ」

 さらに、もっと攻撃的に振る舞いたかったのか聞かれた。「前半は1点取ってから、相手にペースを掴まれた。あのような試合展開はよくなかったから、ハーフタイムに修正の指示を出したよ。でも2点目を取るのが遅かった。もっと早く決められていれば、楽に試合を進められていたかもね」

 チームに守備の意識を植えつけたユン監督の指導は、同試合でも存分に発揮されていた。

「リーグ戦が始まる時に選手たちに言った言葉が、今チームに根付いている。相手の長所を出せなくすることを徹底し、今日もうまく機能した。私の考えは、まず失点しないことが大事。選手たちは私の理想を体現してくれているんだ」

「前半はピンチもあったが、選手同士が良い距離感を保って守ってくれた。選手たちも失点しないことの重要性をわかってくれて、きちんと体を張ってくれたね」

 最後に先制点を決めたFW杉本健勇についてコメントした。

「去年と比べてすごく大きな存在感を発揮している。自分の仕事を明確に気づいたと思うね。今ではとても怖い選手に成長したんだ。私たちだけじゃなくて、日本中が彼に期待していると思う。ぜひ日本代表でも応援してあげてほしい」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る