2017.11.04

またしても“あと一歩”届かず…小林悠「チームを勝たせられなかった自分が悔しい」

小林悠
試合後、悔しさをにじませた小林悠 [写真]=J.LEAGUE
サッカー総合情報サイト

 1点が遠い――。Jリーグ屈指の攻撃陣を擁する川崎フロンターレは、最後までセレッソ大阪の守備陣を攻略できず、またしてもあと一歩のところでタイトルを逃してしまった。

 キャプテンを務める小林悠は「なんでこうなってしまったのか分からない。すぐには切り替えられない」と悔しさをにじませる。敗因には「最後の精度、個人のメンタル。普段通りできなかった」ことを挙げた。

 開始1分に失点を喫した川崎は両サイドを起点に攻撃を仕掛け、幾度となくゴール前に迫った。「サイドからはだいぶいけていたし、いつもなら崩せている」。しかしながら、割り切った守備ブロックを敷くC大阪に苦戦。小林は「それでも崩せなかった自分たちの力不足」と反省の弁を述べた。

 今年から主将を託された小林は、ここまで明治安田生命J1リーグで得点ランキング2位タイの19得点と奮闘。第29節のベガルタ仙台戦では数的不利の状況から、自身の2得点もあり劇的な逆転勝利を収めた。「自分がチームを勝たせる試合が多かった」。そう自負しているだけに、「チームを勝たせられなかった自分が悔しい」と言葉を絞り出す。

「自分とチームの弱さを感じた」2017JリーグYBCルヴァンカップ決勝戦。しかし、川崎にはまだJ1優勝のチャンスが残されている。「残り3試合。自分たち次第で優勝の可能性はある」。主将・小林はそう前を向いた。

この試合の他の記事

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る