FOLLOW US

相手を押し込みながらの敗戦に浦和DF森脇「これもサッカーだなと」

試合終了後、喜ぶ柏の面々をピッチに座り込み、見つめる森脇 [写真]=Getty Images

 ヤマザキナビスコカップ決勝が2日に行われ、浦和レッズ柏レイソルが対戦。前半終了間際に挙げた工藤壮人の得点を守り切った柏が、14年ぶり2度目の大会制覇を果たした。

 試合後、敗れた浦和のDF森脇良太は、以下のようにコメントしている。

「これもサッカーだなと。こういうことが起こりうることがフットボールなんだと感じた。ラストワンプレーでの失点だったし、もったいないと感じた。うちは自分達のスタイルを継続して臨んで、レイソルはうちに合わせた展開の中で、お互いがマンツーマンになってしまったので、相手のスペースを見つけられなかった。相手の隙を突いていこうと後ろで回していたけど。それが決勝の戦いなのかなと」

「後半はアグレッシブにいけたけど、今日は1点が遠かったと思った。相手どうこうよりも自分達の力を出していきたい。相手をリスペクトし過ぎてもいけないし」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA