FOLLOW US

決勝での敗戦に浦和MF鈴木啓太「自分達のサッカーを見せられた」

 ヤマザキナビスコカップ決勝が2日に行われ、浦和レッズ柏レイソルが対戦。前半終了間際に挙げた工藤壮人の得点を守り切った柏が、14年ぶり2度目の大会制覇を果たした。

 試合後、敗れた浦和のMF鈴木啓太は、以下のようにコメントしている。

「何が原因かは分からないけど、正直このピッチの中、ハーフラインに相手が10人いる中で崩すのは簡単なことじゃない。相手の狙いがしっかり守ってカウンターを狙うことだったし、前半に限ってはそんなにはなかった。相手のストロングポイントを消しつつうかがいながらやった。90分トータルで自分達の良さを出せたらと思っていた」

「後半は自分達の狙った通りに縦パスが入ってチャンスを作ったけど、ゴールを奪わなければいけない中でリスクを追って前に行ったことで、リスクを追った分のチャンスを作った。自分達のサッカーを見せられたと思う。とにかく難しい試合だった」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA