2013.11.01

浦和指揮官、ナビスコ杯決勝を展望「非常に厳しい試合になる」

ペトロヴィッチ、阿部勇樹
前日会見に臨んだペトロヴィッチ監督(右)と阿部勇樹 [写真]=足立雅史

 2日に行われるヤマザキナビスコカップ決勝戦で、浦和レッズと柏レイソルが対戦する。同試合を控え、浦和のペトロヴィッチ監督、MF阿部勇樹が記者会見に臨み、以下のようにコメントした。

ペトロヴィッチ監督
「たくさんの方が前日の記者会見に来ているということで、それだけ注目度の高いゲームなのだと思います。明日のゲームは、柏という強い相手と浦和という、質の高いチーム同士の対戦です。両チームにとって非常にハードで、厳しいゲームになると思っています。間違いなく両チームが決勝の舞台で素晴らしい試合をしてくれると思いますが、結果がどうなるかは終わってから見てみましょう」

――国立競技場でのヤマザキナビスコカップ決勝は、明日で最後になります。国立競技場にはいろいろと思い入れがあると思いますが、その点はいかがでしょうか?

「ヤマザキナビスコカップ決勝を現国立競技場で戦うのは最後という事で、最後の決勝で勝利できれば、我々にとって本当にいい思い出になるのは間違いないと思います」

――相手チームのいいところ、強いところはどこだと考えていますか?

「やはり決勝の舞台は特別なものですし、一発勝負の舞台です。私が言えるのことは、柏というチームは素晴らしい監督の指導の下で素晴らしいチームであり、非常に強いチームであるということです。どこが強いかは言えませんが、非常に強いチームであることは間違いないです。決勝の舞台というのはどちらが勝ってもおかしくないですし、どちらが優位ということもありません。その日の調子のいいクラブが決勝の舞台で勝利すると思っています。我々が対戦する柏というのは非常に強いチームであるということ。私にある印象はそれだけです」

阿部勇樹
「決勝の舞台に立てる事を非常に嬉しく思っています。明日、(スタジアムに足を運ぶ)大勢のサポーターの方々、そしてテレビでも注目して下さる方がたくさんいると思うので、素晴らしい試合ができるように頑張りたいと思います」

――国立競技場でのヤマザキナビスコカップ決勝は、明日で最後になります。国立競技場にはいろいろと思い入れがあると思いますが、その点はいかがでしょうか?

「国立競技場は小さい頃から目標であったスタジアムですし、いろいろと重要な試合を見たり、プレーをしてきた中で、このスタジアムというのはやはり歴史あるスタジアムです。明日もこのスタジアムでプレーできる事をすごく嬉しく思っています。いい試合にしたいと思います」

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る