2012.11.03

ジョルジーニョ監督「柴崎は日本を背負う選手に成長する」/ナビスコ杯決勝

ジョルジーニョ監督は2得点の柴崎を称えた

 2012Jリーグヤマザキナビスコカップ決勝戦が3日に行われ、清水と鹿島が対戦。延長戦までもつれた試合は、鹿島が2-1と競り勝ち、2年連続通算5度目の優勝を果たした。

 就任1年目で優勝に導いた鹿島のジョルジーニョ監督は、試合を振り返り以下のように語った。

「まず選手たちにおめでとうと伝えたいね。同時にどんな状況でも支えてくれるサポーターに感謝したい。選手たちが諦めないで努力した成果を示せたと思う。 試合に関しては、清水は面白い形の配置をして、パスワークで崩してきた。同時に勢いとスピードをもって攻撃を仕掛けてきたので、けん制をしなくてはならな い部分もあった。今日の試合のタフさを皆さんも見て感じたと思うし、素晴らしい監督の指導というのが表現された部分もあったと思う」

「(アフシン)ゴトビ監督は試合会場で話すくらいで時間は短いが、素晴らしい人格で尊敬できる方。技術的、精神的にポテンシャルとなる力の引き出し方をし て、特に戦術的な部分は非常にマークしにくい戦法で考えさせられる。若い選手が勇敢にプレーする姿を見て、今後怖いチームになっていくと思った」

「ただ、困難な状況を選手たち自身が情報整理をして、相手の長所を消す作業する中でチャンスを作り出せていけた。最後は柴崎(岳)選手の素晴らしいプレー を見られたと思うし、彼は若いが日本代表で活躍でき、将来的には日本サッカー界を背負う選手の一人に成長するのではないか」

「皆さんが驚かれたのは昌子(源)選手を左サイドバックに置いたことだと思うが、清水には2敗しているなかで、その中で大前(元紀)選手が良い動きをし て、良い判断をして得点もしていた。そういう意味で彼をどう押さえるのかをキーとして捉えていた。そこはずっと新井場(徹)選手が対峙してきたが、彼はど ちらかというと攻撃能力が高く、彼に対峙させても求めるものが違うと思ったので、昌子選手をいれて1対1の強さ、アグレッシブさ、ボールを簡単には失わな いというところで対応できるのではと思った。彼には他は何もさせない、水を飲みにいった時も一緒についていくくらいの気持ちでついて行けと言って、要求に 対してしっかりとやってくれた」

ジョルジーニョ監督は、選手としてもナビスコカップを制しているが、選手と監督の両方でタイトルを取るという快挙についてどう思うか?
「確かにその結果が出せたが、世の中にそういうチャンスをもらえない人が多い中、恵まれていると思っている。ただ、今日勝ったから終わりではなく、リーグ 戦も天皇杯もある。他の大会で選手と監督でタイトルを取った人がいるかわからないが、それも継続して目指していきたい。ただ、重要なのは僕ではなく選手の 目的意識であるということ。選手がタイトルを取りたいという意識を持つことが重要で、その働きかけをしてまたいい報告ができるようにしたい

柴崎選手の成長は著しいと思うが、ここまでの成長について、どのような評価をしているのか?
「あれだけの選手とはなかなか出会えないと思う。20歳ではあるが、ベテランのような落ち着きがあり、運動量も豊富。特に中盤の今プレーしているゾーンは 密集していて精神的にも落ち着いてプレーすることは難しいが、冷静にさばいていける。外で見ていてひやひやするときにも落ち着きすぎと思うくらい。今日も 皆さん見たと思いますが、PKの際にも彼に蹴らせた。冷静に状況を見てボールを蹴るところはすごい精神力だなと思う。彼の指導者であることは光栄で、おそ らくヨーロッパで活躍する選手になると思うが、それは日本サッカーにとってはプラスで、日本代表でも必要不可欠な選手になると思う」

[写真]=兼子愼一郎

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る