2012.11.03

清水のゴトビ監督「試合は支配したが得点できなかった」/ナビスコ杯決勝

ゴトビ監督は、試合後に選手を称えた

 2012Jリーグヤマザキナビスコカップ決勝戦が3日に行われ、清水と鹿島が対戦。延長戦までもつれた試合は、鹿島が2-1と競り勝ち、2年連続通算5度目の優勝を果たした。

 敗れた清水のアフシン・ゴトビ監督は、試合を振り返り以下のように語った。

「最初に、常に我々の後ろで声援を送ってくれるサポーターに感謝したいです。そして、優勝トロフィーを渡せずに申し訳なく思います。良いパフォーマンスを 出すために、選手とスタッフ全員で良い準備をしていたと思いますし、試合は我々がコントロールできていたが、ゴールを決め切れませんでした」

「カウンターから失点して追いかける展開でしたが、失点の後でも、十分同点にできるだけのプレーができていたと思います。ただ、延長のパフォーマンスにつ いては残念な点です。ああいう形で点が入ると、プレッシャーがかかり、疲労している中で追いつくのは非常に難しくなります。延長最後の10分はエネルギー を使っていきましたが、ゴールを決めることができませんでした」

「とは言え、チームと選手は誇りに思い、我々のビジョンも誇りに思っています。今シーズン、まだ2つ取れるタイトルがあります。今回が我々をさらに強くすると思いますし、次に決勝へ勝ち上がった時には、何も持たずに帰らないようにしたい」

鹿島がリーグ戦とは異なる守り方をしてきたようだが、その点についてはどう思うか?
「鹿島は違ったメンタリティで決勝に臨んできたが、前半は我々がコントロールできていました。何度も好機を作って、裏に抜けていけたんですが、ラストパス の質が欠けていましたね。ペナルティボックス内でも、判断ミスや悪いタッチがありました。みなさんも覚えていて欲しいのは、我々には1年目の選手が多く、 こういう4万5000人の前でプレーをすることは簡単なことではないということ。そのようなプレッシャーへの対応はよくやったと思いますが、我々の方に勝 利は転がってこなかったということだと思いますね」

最終的に崩し切れなかったというところが今のチームの限界や現状だと思うが、ここまで来たことに対して悔しさと誇らしさはどちらが上回っているのか?
「こういうヤマザキナビスコカップや、リーグ戦は選手たちを育てる良いものだと思います。この大会に対しては良い印象を持っていますよ。前夜祭や今日の試 合の雰囲気は素晴らしい。限界という話ですが、我々に限界はありません。チームのビジョンの始まりであり、この先多くの優勝ができるクラブになると思いま す。ですから、天皇杯の決勝に進めればいいですね」

すぐリーグ戦がありますが、どのように切り替えて臨むか?
「勝った負けたに関わらず、延長戦まで戦ったということで、次戦は確かに難しいと思いますし、敗戦後というのはさらに疲れますからハードなものになると思 います。なので、数日で全員をしっかり回復できるようにしていきたい。プロとして、水曜に戦うために立て直さなければなりません。次戦は非常に重要な試合 になります。我々はまだアジアチャンピオンズリーグの出場権に手が届く位置にいて、乗り越える以外にできることはなく、戦うしかないと思っています」

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る