FOLLOW US

鎌田大地、不完全燃焼に終わったワールドカップを振り返る「自分の実力不足だと思っている」

クロアチア戦に出場した日本代表のMF鎌田大地 [写真]=Getty Images

 日本代表MF鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)が、5日に行われたFIFAワールドカップカタール2022・決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)のクロアチア代表戦を振り返った。

 チームとして目標に据えたベスト8進出を目指し、”難敵”クロアチア代表との大一番に臨んだ日本代表。43分にセットプレーの流れから前田大然の今大会初ゴールで先制した日本代表だったが、55分にイヴァン・ペリシッチに強烈なヘディングシュートを叩き込まれ試合は振り出しに。その後は一進一退の攻防が続き、両チームともに勝ち越し点を奪えないまま、試合はPK戦に突入。PK戦を3-1で制したクロアチア代表が準々決勝にコマを進めた。

 試合後にインタビューに応じた鎌田は「言葉で表すのは難しい感情ですね。すごい悲しいし、なかなかどう表現するのが正しいのか分からないような感じです」と率直な感想を述べつつ、次のように試合を振り返った。

「今大会4試合の中で一番良い試合をしていたと思うし、チームとしてトライできていたと思います。1-0で勝っていたときは、プラン通り(失点)0のままで終われば良いと思っていたし、追いつかれたとしても2失点目だけは避けてという思いでいました。守りだけになっても絶対に追いつかれるのは分かっていたので、(攻撃に)行けるときは行くという感じだったと思います」

 所属するフランクフルトでは、シーズン中断までに12ゴール4アシストを記録するなど絶好調を維持していた鎌田。初挑戦となるW杯での活躍にも期待が集まっていたが、得点に絡むプレーを見せることはできなかった。同選手は不完全燃焼に終わった今大会を次のように振り返っている。

「最低限やるべきことはやったと思いますけど、僕は期待値的には間違いなく得点を取ってほしかった選手だと思います。そういう部分をみんなが期待していたと思うので、そういうことができなかったのは自分の実力不足だと思っています」

 4年後のW杯に話が及ぶと「4年後は自分にとって最後のW杯になると思うし、この4年間はそこを目指しながらやっていきたいなというふうに思います」と前置きした上で「強豪国になるにはビッグクラブでプレーする選手が数人は必要だと思うので、そういう選手になれるように頑張りたいと思います」と意気込みを示した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO