FOLLOW US

日本代表率いる森保監督が敗戦の弁「失点のところ以外は…」

森保一監督 [写真]=FIFA via Getty Images

 日本代表を率いる森保一監督が、27日に行われたFIFAワールドカップカタール2022・グループE第2節コスタリカ代表戦を振り返った。

 相手より多くのシュートを放ちながら、相手の守備を崩し切ることができず。終盤にコスタリカ唯一の枠内シュートを決められ、0-1での敗戦となった。森保監督は試合後、「0-0でいきながら、失点抑えながら、最後我々がゴールすることができればよかったですけど、相手もさすがに強いコスタリカ。なかなかいい展開にはなりませんでした。失点のところ以外は我々が思ったような感じで無失点に抑えながら、攻撃のチャンスを作る、得点を狙いに行くというところは狙い通りの展開でしたけど、結果は狙い通りじゃなかったです」と振り返り、12月1日に控えるスペイン代表戦に向けて切り替えた。

「スペインに対しても、彼らの良さを出させないように、我々の良さを生かしていけるように、勝利を目指して最善の準備をしていきたいです。次の第3戦でしっかり結果を出して、国民の皆さんに喜んでいただけるようにベストを尽くしたいと思います」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO