FOLLOW US

「まさか逆転するとは…」田中碧、ドイツ撃破に喜びも「次の試合が勝負」

日本代表の田中碧 [写真]=Getty Images

 日本代表MF田中碧(デュッセルドルフ/ドイツ)が、23日に行われたFIFAワールドカップカタール2022・グループE第1節のドイツ戦を振り返った。

 前半はドイツ代表に圧倒され、PKから先制を許した日本代表だったが、後半からシステムと選手を変更して流れを変えると、75分に途中出場の堂安律が同点弾をマーク。さらに83分には同じく途中出場の浅野拓磨が勝ち越しゴールを挙げ、2-1での逆転勝利を飾った。

 先発出場し、71分までプレーした田中は試合後、「まさか逆転するとは思っていなかったのが本音」と心境を明かしつつ、ベンチに退いてから逆転したチームを見た感想を次のように語った。

「もちろん自分が出ている間に勝ちたかったところはありますけど、自分のやれることをやって出ている時間でやることをやるのは、僕だけでなくいろいろな選手が心がけていること。何かやり残したわけではないし、それで結果は逆転したので、それは点を取ってくれた人だけでなく、チーム全体としての力だと思う。結果、チームが勝てばいろいろな選手が出るチャンスが増えるので嬉しいなと思います」

 また、「前半はある程度想定はしていた。ああいう状況になるのはわかっていたところもある」と苦しんだ前半戦を振り返りながら、「思っていた以上にカウンターを仕掛けるチャンスがなかった。それはすごく反省材料としてあった。そこが少し自分達が描いていたものとは違った」とコメント。「勝っている部分があるのでなんとも言えないけど、前半45分に関して見れば反省なのかなと思います」と反省点も挙げた。

 2大会ぶり5度目の優勝を目指している強豪ドイツ代表を相手に、W杯では先制を許した試合で初めて逆転勝利を収めた日本代表。この勝利の価値をどう捉えていると聞かれた田中は「今大会に関しての価値も大きくなるのかなと思いますし、それは僕ら次第ではあります」と語りつつ、次のように続けた。

「これからの日本サッカーにおいてもこの勝利は大きいかなと思うので、そういう意味では日本サッカーにとっても大きな分岐点になるんじゃないかなと思います」

 改めてW杯に初出場したことには「びっくりですよ。でも、W杯はすごいなと思います。だって日本が勝つんですから。すごいなと思う。楽しかったなと思います。結果的に勝ったからだけど、良かったと思う」と記念すべき試合について振り返った。

 W杯初戦で白星を挙げた過去2大会(2010年、2018年)では決勝トーナメント進出を果たしている日本代表。それでも、田中は「残り2戦で勝たないとこの試合も何もなかったで終わってしまう」とまだ何も決まっていないことを強調しながら、「終わったときに自分達がどの立ち位置にいるかが重要だと思うし、その一歩としては素晴らしいスタートを切ったと思う。次の試合が勝負なのかなと思います」と27日に控えるコスタリカ代表戦の重要性を口にした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO