FOLLOW US

「もう一度結果を」三笘薫が見据えるエクアドル戦 練習後の1vs1自主練エピソードも

アメリカ戦では途中出場から1得点を挙げた三笘 [写真]=Getty Images

 日本代表は25日、『キリンチャレンジカップ2022』のエクアドル代表戦(27日)に向け、トレーニングを行った。

 24日のアメリカ戦では途中出場から試合を決める2点目を奪った三笘薫(ブライトン)は練習後、「個人としてはもう一度結果を出してアピールしないといけない」とコメント。「守備のところはチームとしてやらないといけないですし、アメリカ戦は前半でいいプランを持って、いい形になったので、試合の入りはしっかりと入らないといけないことはわかっています。でも、攻撃が特長なので、そこをどうやって生かすかは考えていきたい」「素晴らしい選手がいますし、もしスタメンで出たら最初から100%を出さないといけない」と、エクアドル戦を見据えている。

 エクアドル代表にはブライトンの同僚も在籍。「知っている選手がいる方が気持ち的には入りやすいのでそこは有利ですけど、逆に僕のことも知られているので。自分の特長を言われている可能性もあります。そこはしっかりアジャストしていかないといけない。他の選手にも特長を伝えて自分たちが優位に進めるようにしたいですし、素晴らしい選手なので、対戦相手としてどういう選手なのか。練習ではやっていますけど、代表戦ではないのでそこは楽しみたいです」と心待ちにしている。

 三笘は練習後の自主練で山根視来田中碧などを相手に、ドリブルでの1vs1の練習をしている様子が今回も見られているが、「間合いやフィーリングを試すことがメインです。海外では一度もやっていないです。こういう機会で確かめていて。いろいろな選手とやることでいろいろな対応がわかるので、いろいろな選手とやりたいですけど、山根選手は川崎フロンターレから知っていて、誘ったらやってくれるので、一番やりやすい相手ということで多いという形です」と話し、離脱前の冨安健洋とも試みていたが、「やりすぎるのもよくないねとお互いに。試合に出た時にどんな感じかは、まず出れるようにしたいですけど、その時は楽しみにしたいです」と、プレミアリーグで今後対戦する可能性もあるために自重したと明かした。

 日本代表はアメリカ戦で再び4-2-3-1を基本システムとして戦った。「前回のプレスの形だと自分たちの前にボールを置いて、ブロックを敷く形が増えると思います。そこで焦れないこと、距離感を良くすることは大事で。球際の勝負は4-3-3より増えてくると思います。最近はずっと4-3-3やWBをやることが多く、見方が変わるので、ピッチ内で徐々にアジャストすることと練習で高めていかないといけない。試合でできることを出していきたいです」と、自身が入った時のイメージを話している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO