FOLLOW US

W杯メンバー発表前最後の試合へ…久保建英は警戒感「危険なチーム」

アメリカ戦で先発出場した久保建英 [写真]=Getty Images

 日本代表は25日、『キリンチャレンジカップ2022』のエクアドル代表戦(27日)に向け、トレーニングを行った。

 練習後、久保建英(レアル・ソシエダ)は、「あと1試合しかないし、監督もメンバーを選ぶしかない。この1試合でメンバーが決まるんじゃないかと思っています」と、FIFAワールドカップカタール2022のメンバー発表前最後の試合となるエクアドル戦を見据えた。

 久保は24日のアメリカ戦では4-2-3-1の中盤左サイドハーフで先発。対面の相手SBが積極的に高い位置を取ってきたこともあり、守備の時間も多くなったが、「自分の攻撃の部分はみんなわかってくれていると思います。今さら1試合守備に追われたからと言って、攻撃面を問われても『試合見ていないの?』ということになると思います。そこは僕は自信を持っていけたら」と話す。

 同試合では、クラブで左サイドに入ることもある鎌田大地がトップ下、久保がサイドでの起用となったが、「決めるのは監督なので。そもそも僕が試合に出たことの方が驚いたので、ポジションを気にしていたわけではなかったです。それこそ鎌田選手もそうかもしれないですけど、僕はクラブで前目のポジションでプレーしつつも、左に流れることがここ最近は多かったので、僕の試合をちゃんと見てくれているんだなと好印象でした」と続けている。

 次戦は南米予選を4位で通過したエクアドル。「強いのは間違いない」と話し、「僕としては(合宿が)始まる前からエクアドルの方がやりにくいのではという想定はありました。速くて強いチームはチュニジア戦のように苦労する部分があるかもしれないので、楽しみでありつつも、危険なチームだというのを頭に入れて」、「今回の南米予選も何試合か見ましたけど、割り切った攻撃で。ホームでブラジルなどにも負けていないですし、内容も他のチームに食い下がっている印象がすごくあって。(南米チームの)強烈な個に対して組織で守りつつ、なおかつカウンターに出てこられる。こちらが押し込む展開になっても一人、二人、三人と出てくると思うので、変な横パスとかはピッチのこともあるし、気をつけたい」と警戒心を示している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO