FOLLOW US

無失点での勝利に貢献のDF板倉滉もW杯行きに喜び爆発「最高の一言に尽きる」

クリーンシートに貢献し板倉 [写真]=Getty Images

 オーストラリア代表を下しFIFAワールドカップカタール2022の本戦行きを決めた日本代表のDF板倉滉(シャルケ/ドイツ)が試合後のインタビューに応じた。

 2位の日本代表は24日、アジア最終予選で3位のオーストラリア代表と直接対決。勝てば本戦出場を自力で決められる日本代表は無失点のまま時間を進め、試合終盤の三笘薫の2ゴールでカタール行きのチケットをつかみ取った。

 スタメンで出場し、主将の吉田麻也とクリーンシートに抑えた板倉。試合後の取材で「最高ですね。最高の一言に尽きるかなと。日本のためにと思って戦いましたし、小さい頃にA代表の選手たちの試合を見て感動した覚えもあったので、そうことを試合前から考えながら、自分がいいプレーしようとは思ってないと言うと語弊がありますけど、試合が終わったときに引き分け以上、勝ち点3をとってワールドカップを決めることだけしか考えていなかったので、それが達成できてすごく嬉しいです」と喜びを爆発させた。

 また、「結果0で終えてますし、オーストラリアのアウェイも簡単ではなかったけど、その中で0で終えられたのは最高です」と手ごたえも口にした一方で同選手は「今後はまた違った戦いになるとは思うし、今日の試合もそうですけど持たれたり攻められる時間帯はありましたし、その中でどれだけ耐えてボールを奪って攻撃につなげていくのかが鍵になるのは、この試合もワールドカップも一緒だと思う」「ただもっともっとクオリティを高く、スピード、フィジカルのある相手がくると思うので、今と同じくらい細かいことにこだわりながらやらないといけないかなとも思います」と課題についてもコメントしている。

 殊勲の三笘はユースの後輩。バックラインから見届けた板倉は「すごいなと思いながら後ろから、めっちゃうまいやついるなと見ていましたけど、最後にすごくきれいにもっていってチームを楽にしてくれました。それを小学校の頃から知っている薫が決めてくれて嬉しいし、全部持っていかれましたけど、きょうの試合は薫かなと。最後決めてくれたのでありがたいです」と手放しで称賛。さらに三笘を含む東京五輪世代の台頭や今後への意気込みについても語っている。

「東京世代がどんどんA代表にはいらないといけないし、日本サッカー界のこれからを考えると、上の世代を脅かせないといけないし、その結果として試合に出て勝てたことはポジティブなことですけど、積み重ねだと思うので、引き続き頑張りたいなと思います」

「次の試合に向けて、毎試合毎試合が勝負だと思ってやっているし、その結果がA代表につながると思うので、あまり先のことを考えず目の前の試合に集中して結果を出せるようにやっていくだけかなと思います」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO