FOLLOW US

日本代表DF長友がコンビを組んだ相馬を絶賛!「非常にやりやすかった」

 W杯アジア最終予選を控える日本代表候補の国内組が21日、流通経済大学とのトレーニングマッチ(45分2本)に臨み、7−0で勝利した。

 試合後、左サイドバックとして先発出場したDF長友佑都(FC東京)が、同サイドでコンビを組んだMF相馬勇紀(名古屋)について言及。「運動量も多くて守備も攻撃もできる。仕掛けも中も縦もいける。すべてにおいてレベルが高く、そのレベルも上がってきている」と賛辞を送り、「彼の意識も含めて伸びて欲しい、伸びるなと思える選手だったので、彼を気持ちよく動けるようにポジショニングとモチベートの部分で支えになれれば」と、今後の活躍にも期待を寄せた。

 フルコートのゲームでは初めて同サイドでコンビを組むことになったが、20分には相馬との連携から武藤嘉紀(神戸)のゴールをアシスト。相馬との連携面に関しても「非常にやりやすかった」「10年くらい一緒にやっているんじゃないかというくらいの落ち着きと安心感があった」と冗談を交えつつ、その能力を高く評価した。

 自身の仕上がりに関しては、「思っている以上に体が動いて連携やフィーリングも悪くなった。そこの部分では自分も手応えはあった」と笑顔を見せ、「充実した時間となった」と今回の合宿を総括したが、最後はには「世界で戦うため、これから最終予選を戦うためには全てにおいて伸ばしていかないといけないという危機感はある」と述べ、今月27日と2月1日に行われるW杯アジア最終予選に向けて気を引き締めることも忘れなかった。

<得点者>
1-0 大迫(3分)
2-0 相馬(16分)
3-0 武藤(20分)
4-0 上田(55分)
5-0 渡辺(57分)
6-0 上田(72分)
7-0 上田(90分)

<出場選手>
GK 権田
DF 酒井(46分山根)
DF 中谷(46分西尾)
DF 谷口(60分 流経大学生)
DF 長友(46分佐々木)
MF 稲垣(46分松岡)
MF 江坂(46分渡辺)
MF 脇阪(60分佐藤)
MF 武藤(46分鈴木)
MF 相馬(46分荒木)
FW 大迫(46分上田)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO