FOLLOW US

代表合宿初参加の鈴木唯人「ボールに関わり続けることはできている」

代表に初招集された鈴木 [写真]=野口岳彦

 日本代表の鈴木唯人(清水エスパルス)が19日、メディア対応を行なった。

 旗手怜央と前田大然がセルティックへ移籍し、両選手が不参加となったことで、日本代表に追加招集され、初のフル代表選出を果たした鈴木。国内でプレーする選手のみで実施されている短期合宿では「少なからずスピード感というか、1日目の練習からボールに関わり続けることなど少なからず多少は馴染めてプレーできている」と手応えを口にし、「2日間で慣れたことを残りの3日間で自分の特徴であったり、結果を残していくことが大事かなと思います」と語った。

 初の代表参加となった鈴木は「自チームのサッカーとはかけ離れていた」ことを明かしたつつ、「イメージとはそれほど変わりなく、考えていたことがそのままだったので、ある意味最初に衝撃を受けることなく、ビビることなくできたことが一番よかった」と振り返った。

 また、「考える頭のスピードの早さが全然違ったが、それに慣れて対応できれば、全然できるなとは正直感じた」という鈴木。「考えるスピード、判断というか、次のプレーの選択肢を考え続けることによって、次のプレーにうまく進めていけると今感じている。その中で自分の持っている技術を活かすために頭をフル回転させてできればと思う」とさらなる成長を誓った。

「追加招集という形でチャンスをもらえたので、吸収して帰るというよりは、必ず最終予選を狙ったことで得られるものも多いと思う。ここに来ているからには少なからず狙っているのは全員当然のこと。その中で1日1日起きたことを考えながら自分の変化につなげていけるような合宿にあと3日できればと思います」と残りの合宿への意気込みを語った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO