FOLLOW US

浅野拓磨がサウジ戦に向け意気込み「厳しい戦いになると思うが、あとはやるだけ」

浅野拓磨 [写真]=Getty Images

 日本代表MF浅野拓磨(ボーフム/ドイツ)が4日、オンライン取材に応じた。

 日本代表は9月のFIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選を1勝1敗で終え、7日にアウェイでサウジアラビア代表、12日にホームでオーストラリア代表と対戦する。

 浅野は招集に当たって、自身のコンディションについて言及。「今の状態は特に問題ないです。右肩上がりに来ています。ケガしてスタメンもここにくる前の試合しか出ていないので、コンディション的にはまだまだ上げていかないと、という段階。間違いなく上がっている状態で代表合流となり、持てる力全部出せればいいパフォーマンス発揮できると思います。全力でプレーできる状態にはあります」と調子の悪さを否定した。

 また、ここまで2勝で来ている次戦のサウジアラビア戦についてもコメント。次のように語り、難しい相手だと警戒している。

「今回の2試合は予選の中でも一番厳しい戦いになると思います。前回の予選でもサウジには負けている。アウェイという厳しい戦いだし、天候、環境にも慣れるところからスタートなので難しいかなと感じますけど、ただ、チームが一つになって戦うことができれば、サッカーは1点とってゴールさえ与えなければ勝てるので、そこに一人一人がフォーカスして、やれることは全力でピッチで表現できればと思います」

 また、最終予選に向けて浅野は「メンタルの一言では片付けられないですけど、まずはメンタルがしっかりしていないと勝負の部分では歯が立たない。まずはメンタルの部分をしっかり準備して、あとはフィジカル的にも自分たちが厳しい戦いになると思うが、あとはやるだけ。やれる準備をしっかり整えていきたい」と意気込みを語っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO