FOLLOW US

吉田麻也、難敵メキシコ撃破も気を緩めず…フランス戦は「もう一つギアを上げて」

主将の吉田麻也 [写真]=Getty Images

 U-24日本代表にオーバーエイジとして参加しているDF吉田麻也が、25日に行われた東京オリンピック第2戦のU-24メキシコ代表戦を振り返った。

 日本は6分、堂安律の折り返しを久保建英が押し込んで幸先よく先制すると、12分に堂安がPKを成功させてリードを広げる。その後、退場者を出して10人となったメキシコに押される苦しい展開に。86分には1点を返されたものの、GK谷晃生の好セーブも光って逃げ切りに成功し、2連勝で決勝トーナメント進出に王手をかけた。

 キャプテンとしてフル出場した吉田は、試合を振り返って次のように語っている。

「2試合目が大事とみんなわかっていたので、『すべて出し切るつもりでやろう』と言っていました。メキシコにずっと負けているので、そこも意識する部分は強かったです。勝って良かったと思うと同時に、次のフランス戦に向けてもう一個、ギアを上げていきたいと思います」

「(この試合に向けて)やれることは少なかったので、一番(の準備)はリカバリーすること。相手のやり方は多少わかっていたし、1試合目の映像を見て把握していたので、そこまで難しいところはなかったです。うまく相手のウィークポイントを突けて、前半に2点取れたのが非常に楽になったなと思います」

 また、吉田は改めてフランス戦に向けてコメント。「まだ(突破が)決まったわけではないですし、フランスもまだ可能性が残っているので、難しい試合になると思います。欧州でやっている選手が多いので、将来的にその選手たちと戦うことになると思うので、1個1個自分たちがステップアップするためには、そういうところを叩いていかないといけないと思います。最後まで気を抜かずにいいリカバリーをして、いい準備をしたいです」と、気を引き締めた。

 グループステージ最終節は28日に行われ、日本は1勝1敗のフランスと対戦。引き分け以上でグループ突破が決定する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO