FOLLOW US

「狙い通りの形」で先制点…久保建英「3戦全勝でグループを突破したい」

[写真]=Getty Images

 U-24日本代表MF久保建英が、25日に行われた東京オリンピック第2戦のU-24メキシコ代表戦を振り返った。

 日本は6分、堂安律の折り返しを久保が押し込んで幸先よく先制すると、12分に堂安がPKを成功させてリードを広げる。その後、退場者を出して10人となったメキシコに押される苦しい展開に。86分には1点を返されたものの、GK谷晃生の好セーブも光って逃げ切りに成功し、2連勝で決勝トーナメント進出に王手をかけた。

 なお、初戦でもゴールを挙げていた久保は、オリンピックで2試合連続得点を挙げた史上3人目の日本代表選手に。また、5分55秒での得点は日本代表の五輪史上最速ゴールとなった。

 久保は試合後、先制点を振り返って「相手を研究している時に、相手のつなぎの少しのミスをしっかり奪って自分たちが前がかりに攻めれば(チャンスになる)と話していたので、狙い通りの形です。あそこで堂安選手が左手で相手をおさえたときに、自分のところに出してくれると思ったので、走り込んで、あとは詰めるだけでした」とコメント。また、守備の狙いについては次のように語っている。

「相手はGKの(ギジェルモ・)オチョア選手や真ん中の(ルイス・)ロモ選手が下がって3バック、もしくはGKプラス2でビルドアップすると研究していました。南アフリカ戦はプレスがうまくハマりませんでしたが、(メキシコ戦では)自分がアンカーについて、林選手が多少疲れるけど、追えるところは追ってもらって、コースを切って攻めていこうと話していました。それは吉田選手、田中選手など後ろの選手からも言われていたことなので、自分は彼らの狙い通りのプレスができたと思います」

 最後に久保は「次の試合もしっかり勝って、3戦全勝でグループを突破したいと思います。応援よろしくお願いします」と次戦への意気込みを示した。

 グループステージ最終節は28日に行われ、本は1勝1敗のU-24フランス代表と対戦。引き分け以上で自力でのグループステージ突破が決定する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO