FOLLOW US

先発出場の三笘は反省しきり「満足はしていません」…絶妙アシストにも「綺世に感謝したい」

ジャマイカ戦に出場した三笘 [写真]=Getty Images

 12日、国際親善試合ジャマイカ戦を終えたU-24日本代表MF三笘薫が取材に応じた。

 東京オリンピックメンバー発表前最後の試合で先発出場し60分までプレーした三笘は、結果として2点リードで折り返した前半の印象について「得点が入って楽になったかたちですけど、相手が低い位置でビルドアップして少し間延びしてボールを蹴らされてというところで、ボランチの選手が拾ってくれたことはありがたかったです。間延びしかけていたところは強豪だったら突いてくると思うので、そこは修正する必要があるかなと思います」と語った。

 個人としてのプレーについては「簡単なミスは多かったですし、得点には1つなりましたけどこの試合はあれだけだったので、満足はしていませんしもっとやるべきことが多くあると思います」とコメント。また後半のプレーについては「結果を出さないとと思いながらやっていましたけど、そこまで気負わずやれましたし(上田)綺世が良い動きをしてくれたので、綺世に感謝したいです」と口にしている。

 チームの3点目となる上田のゴールをアシストしたシーンについて問われると「大学から綺世はやっていますしああいう動きをすると分かっていたので、スペースではなく足元に出しました。その前に(瀬古)歩夢も良いところを突いてくれましたし、ターンしてからスペースがあってあそこで潰されず良かったです」と語った。

 そして今月下旬に予定されている東京オリンピックのメンバー発表については「もう試合がないので選ばれるかどうかは分かりませんが、選ばれたら責任を持って戦うだけですし、選ばれなくても自分の成長を見据えて頑張りたいと思います」と意気込みを示している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO