FOLLOW US

久保建英、ジャマイカ戦で意識したのは「左サイドでの連携」「試合前に旗手選手と話をして…」

ジャマイカ戦に出場した久保 [写真]=Getty Images

 12日、国際親善試合ジャマイカ戦を終えたU-24日本代表MF久保建英が試合後のインタビューに応じた。

 東京オリンピックのメンバー発表前最後の試合となった一戦を4-0で勝利したU-24日本代表。同試合に先発出場し先制点も記録した久保は、相手選手4人の股下を抜いたその得点シーンについて「中に切れ込んだ時に、前回はニアに打ってGKに当たったのでちょっと“ファーめ”に打ちました。股抜きは一人目は狙いましたけど、それ以降は狙っていません」とコメント。

 このシーンは飲水タイムの直後となったが「切り替えの部分。サッカーの世界では当たり前だと思うので、しっかり自分たちが相手を上回れたのかなと思います」と語った。両手で“K”を示したゴールパフォーマンスについては「前の試合に友達にやるよと言っていたのを忘れていたので、今日決めたらやろうかなと思っていて。やれて良かったです」と明かした。

 U-24ガーナ代表戦に続き、ともに右サイドを主戦場としたMF堂安律やDF酒井宏樹との連携について問われると「自分がトップ下からスタートして右サイドとは良い連携をできていると思うんですけど、今日は左サイドでの連携を気をつけました。均等とまではいかなくとも、どっちのサイドでも自分のところでいかに数的優位を作るかというのを意識していました」と言及。ジャマイカ戦の前半では左SBに入ったDF旗手怜央からパスを引き出し決定機を迎えていたが「試合前に旗手選手と話をして、三笘選手が外に張りたいタイプなので『フリーで内に入ってくれればパスを出すし、無理そうだったら戻して』と話してもらったので、そこを今日は狙えたと思います」と語った。

 そしてメンバー発表前最後の試合を終えた心境を問われると「一旦ここで解散してメンバー発表を待つのみとなりますけど、自分も個人としてできることをやったつもりですし、それは他のみんなも同じだと思います。あとは休むことも大事だと思うので、しっかり休んで。選ばれた選手は国を背負って戦うわけですし、選ばなかった選手もここがゴールではありません。キャプテンの吉田選手が言っていたようにその通りだと思いますし、選考関係なく前を向いていけたらいいかなと思います」と口にしている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO