FOLLOW US

強豪相手に手応え掴むも…板倉、五輪を控えての黒星に「絶対に勝ちたい試合でした」

U-24アルゼンチン代表戦に臨んだ板倉 [写真]=金田慎平

 26日、U-24日本代表は『SAISON CARD CUP 2021』でU-24アルゼンチン代表と対戦し、0ー1で敗戦。同試合にフル出場したDF板倉滉(フローニンゲン)が取材に応じた。

 まず率直な試合の感想を問われた板倉は「東京オリンピックで金メダルを狙うと言っている中、絶対に勝ちたい試合でした。こちらがやりたいことをできた時間帯もありましたが、結果が全てというところです」とコメント。また、1点ビハインドで迎えた後半の修正については「後ろが重くならないように、とはハーフタイム中に話しました。あとはもう少し全体をコンパクトにして、後ろが潰しに行こうとも。そこからもう少し2列目に良いパスを出せるかというのは、次の課題です」と明かした。

 そして、南米の強豪アルゼンチンとの一戦で「(上手く)やれたところやもっとチャンスを作れたと思うところはありますし、次は絶対に勝てると思っています」と手応えを口にしながらも「ただ、拮抗した展開の中で、アルゼンチンにボールがこぼれるところが多くありました。球際を厳しくいくなど、基本的なところを負けないようにしっかり戦わないとオリンピックでも勝てないと思います」と今後への危機感も口にした。

 中2日で29日に迎えるアルゼンチンとの再戦に向けては「試合前から話してはいますが、もう一回チームとして話し合って、プレスやカバーなど連携に関するコミュニケーションはしっかり取っていきたいと思います」と語っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO