FOLLOW US

欧州組のみの強化試合、初戦はスコアレス 森保監督「よく踏ん張ってくれた」

日本代表の森保一監督 [写真]=JFA

 国際親善試合が9日に行われ、オランダの地で日本代表はカメルーン代表と対戦。スコアレスドローに終わった。

 試合後、日本代表の森保一監督はフラッシュインタビューに応じ、「選手たちは最後まで勝利を目指して戦ってくれました。引き分けの結果は満足していませんが、内容的にも試合中、我々が攻勢の時もあったが、苦しいときは耐え、一人ひとりが全力を出して戦い抜くチームであり、ご覧の方に勝利を届けようとするプレーを選手は見せてくれたと思います」と、評価。

「若い選手、ベテランが融合しながら日本のチーム力、レベルアップを考え、チーム作りをしている。非常に強い相手と世代が融合しながら強化試合ができたことは将来につながっていくと思う」と、手応えを口にしている。

 前半はほぼカメルーンに支配される展開の中、後半は3バックを採用するなど、戦い方を変えながら無失点に抑えたことは、「もっとうまく守れるやり方はあると思うが、ゼロに抑えられたのは選手がよく踏ん張ってくれたと思います」と振り返っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA