FOLLOW US

岡崎慎司、ケガで無念の代表不参加に「治して結果を出して改めて…」

代表不参加となった岡崎慎司 [写真]=Getty Images

 日本代表への不参加が発表されたウエスカのFW岡崎慎司が4日、自身の公式インスタグラム(shinjiokazaki_official)を通じてコメントした。

 岡崎は3日に行われたリーガ・エスパニョーラ第5節エルチェ戦で、開幕から5試合連続となる先発出場を果たしたものの、試合中に左足の太もも裏を負傷。40分でベンチへと退いた。

 岡崎は10月の日本代表に招集されていたが、JFA(日本サッカー協会)は4日、負傷した同選手の代表不参加を発表。日本代表はオランダで国際親善試合を予定しており、9日にカメルーン代表、13日にコートジボワール代表と対戦する。

 34歳の岡崎は自身のけがについて、「自分は体が動いてると思っても、実際は骨盤とか腰回りが固まってて、より負担がかかる走りになってたとトレーナーの杉本さんから言われて納得」と説明。「1部でやれるからとテンション上がりっぱなしの5試合で少し自分のケアが足りなかったかな」と反省し、「けど今のプレースタイルを維持するためにも原因を突き止めて強化するチャンスやと思うからしっかり治します」と、復帰に向けての意気込みを綴った。

 また、岡崎は代表不参加についてや開幕5試合で未だ勝利がないウエスカの調子にも言及。改めて日本代表に呼ばれるためにも、まずはチームとともに結果を残すことを誓った。

「日本代表として今回はプレー出来ないのは残念ですが、僕の中では招集された事が自信。ただ怪我をしたのもあるけど、5試合で0得点で、チームも勝ちなし。まだチームでの結果は足りないし、まず怪我を治して結果を出して改めて代表に呼ばれるように頑張ります」

「ただ一つ今回の代表選出にはウエスカの選手がめちゃ喜んでくれてたのには僕も初めて代表に選ばれた事を思い出したし、昨日はみんなもガッカリしてくれて、それがなんか自分の中で何とも言えない気持ちです」

「とりあえず気合いで治します。勝ててないけど、しっかり土台は出来てると思うので、再開後にまたチームの勝利に貢献出来るよう頑張ります。皆さんもぜひウエスカの応援よろしくお願いします」

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA