FOLLOW US

日本代表の“あの行為”もノミネート! スポーツの素晴らしい瞬間をたたえる『ローレウス・スポーティング・モーメント賞』が投票受付中

『ローレウス・スポーティング・モーメント賞2000-2020』が一般投票を受付中

 世界40カ国以上でスポーツを通じた社会貢献活動に取り組んでいるローレウスは、『ローレウス・スポーティング・モーメント賞2000-2020』の一般投票を特設サイトで開始した。

『ローレウス・スポーティング・モーメント賞2000-2020』とは、過去20年間のスポーツシーンにおいて、これまでになかった新しい方法や他にはない素晴らしい方法で、スポーツが人々に団結力をもたらし、世界中に大きなインパクトを与えた瞬間(モーメント)を表彰するもの。フェアプレーやスポーツマンシップ、ヒューマニティ、逆境の克服、献身さ、スポーツを通じた団結力など、新しい時代におけるスポーツの真の価値を象徴する20の瞬間がノミネートされた。その中には、世界で称賛されたサッカー日本代表の行為も含まれている。2018 FIFA ワールドカップ ロシアにおいて、アディショナルタイムに逆転負けを喫した衝撃の試合後にも関わらず、日本代表がロッカールームを綺麗に清掃し、さらに現地の言葉で感謝のメモを残して会場を後にするという一連の行為が『Message of Respect』としてノミネートされた。

 投票は3つのラウンドに分かれ、ファーストラウンド(1月22日まで)は20の候補すべてが投票対象となる。ファーストラウンド上位10の候補がセカンドラウンド(2月3日まで)に進み、そこで勝ち残った5つの候補がファイナルラウンドへ進出。ファイナルラウンドで最も票を集めた候補が、『ローレウス・スポーティング・モーメント賞2000-2020』を受賞する。

 ノミネートされた20の候補は以下の通り。

【『ローレウス・スポーティング・モーメント賞2000-2020』ノミネート一覧】

(アルファベット順)
1.『A Golden Promise』 2008年 マティアス・シュタイナー(ウエイトリフティング)
2.『Ability of the Mind』 2002年 ナタリー・デュトワ(競泳)
3.『Age is Just a Number』 2019/2020年 スカイ・ブラウン(スケートボード)
4.『Brothers in Arms』 2016年 アリステア・ブラウンリー、ジョナサン・ブラウンリー(トライアスロン)
5.『Carried on the Shoulders of a Nation』 2011年 サチン・テンドルカール(クリケット)
6.『Challenge of Fate』 2018年 シャー・ボーユー(登山家)※2019年ローレウス・スポーティング・モーメント賞受賞
7.『Equal Play, Equal Pay』 2007年 女子プロテニス選手
8.『Global Citizens』 2016年 オリンピック難民選手団
9.『Eternal Champions』 2017年 シャペコエンセ(サッカー)※2018年ローレウス・スポーティング・モーメント賞受賞
10.『The Handshake』 2005年 フレディ・フリントフ(クリケット)
11.『Hand of Fair Play』 2012年 ミロスラフ・クローゼ(サッカー)
12.『Houston Strong』 2017年 J.J.ワット(アメリカンフットボール)※2018年ローレウス・スポーツ・インスピレーション賞受賞
13.『Giving Back』 2016年 エリザベス・マークス(競泳)
14.『Like Father Like Son』 2017年 ミック・シューマッハ(モーターレース)
15.『Message of Respect』 2018年 男子サッカー日本代表チーム
16.『One Moment, One Nation』 2000年 キャシー・フリーマン(陸上)
17.『Riding the Wave』 2014年 べサニー・ハミルトン(サーフィン)
18.『Running the World』 2019年 ニック・バター(陸上)
19.『Sporting Kids』 2016年 U12バルセロナチーム(サッカー)※2017年ローレウス・スポーティング・モーメント賞受賞
20.『Zanardi at the Wheel』 2016年 アレッサンドロ・ザナルディ(ハンドサイクリスト)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA