2019.11.19

日本、前半4失点でベネズエラに大敗…後半反撃も山口蛍のミドル1発止まり

中島翔哉
日本代表とベネズエラ代表が対戦した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 キリンチャレンジカップ2019が19日に行われ、日本代表とベネズエラ代表が対戦した。

 14日のキルギス代表戦とは異なるメンバー編成で臨む日本はGKに川島永嗣、最終ラインは右から室屋成、植田直通、畠中槙之輔、佐々木翔を起用。中盤は橋本拳人と柴崎岳が中央でコンビを組み、右に原口元気、左に中島翔哉。そして前線では浅野拓磨と鈴木武蔵がツートップを形成した。

 試合は早い時間に動く。8分、ベネズエラのジェフェルソン・ソテルドがペナルティエリア内左でドリブルを仕掛け、切り返しからクロスを供給。ゴール前のサロモン・ロンドンがヘディングで押し込み、ベネズエラが先制した。

 追いかける日本は22分、左CKにファーサイドでフリーとなった佐々木が合わせたが、ヘディングシュートはGKの正面に飛んだ。25分にはエリア手前で浮き球パスを受けた鈴木がワントラップからボレーで狙ったが、枠を捉えることができない。

 ベネズエラは30分、エリア手前中央で楔のパスを受けたロンドンがエリア右にパスを通すと、抜け出したダルウィン・マチスがゴール前へ折り返す。走り込んだロンドンがダイレクトで合わせ、2点目が決まった。さらに直後の33分、左サイドからロベルト・ロサレスがクロスを上げると、ファーサイドのヤンヘル・エレーラが頭で落としたボールをロンドンが蹴り込み3点目。エース・ロンドンは前半だけでハットトリックを達成した。

 止まらないベネズエラは38分、高い位置でボールを奪い、ソテルドが右へ展開。エリア内でリターンを受けたソテルドが左足のボレーを決めてリードを4点に広げた。

 大きなビハインドを背負って後半を迎えた日本は55分、柴崎のパスで右サイドの裏に抜け出した室屋が折り返し、中央の中島がダイレクトで合わせたが、ここはGKに阻まれた。64分には浅野がエリア手前左から強烈なシュートを放ったが、惜しくも枠の右に逸れた。

 攻めの時間が続く日本は69分、左サイドに流れた永井謙佑が中央へパスを通すと、走り込んだ山口蛍が右足でミドルシュート。DFに当たってコースが変わったボールがネットを揺らし、1点を返した。

 その後も押し込む時間が続いた日本だったが2点目を奪うことはできず、試合はこのままタイムアップ。日本は1-4で敗れた。

【スコア】
日本代表 1-4 ベネズエラ代表

【得点者】
0-1 8分 サロモン・ロンドン(ベネズエラ)
0-2 30分 サロモン・ロンドン(ベネズエラ)
0-3 33分 サロモン・ロンドン(ベネズエラ)
0-4 38分 ジェフェルソン・ソテルド(ベネズエラ)
1-4 69分 山口蛍(日本)

【スターティングメンバー】
■日本代表(4-4-2)
川島永嗣;室屋成、植田直通(46分 三浦弦太)、畠中槙之輔、佐々木翔;原口元気(81分 井手口陽介)、橋本拳人(65分 山口蛍)、柴崎岳、中島翔哉;浅野拓磨(65分 永井謙佑)、鈴木武蔵(46分 古橋亨梧)

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング