2019.10.16

約1年ぶりに日本代表復帰の浅野が3点目…「チームの勝利にゴールで貢献できたことが素直にうれしい」

2018年9月以来となる代表のピッチで頭でゴールを決めた浅野(写真は2018年9月のコスタリカ代表戦時)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表は15日、2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選ならびにAFCアジアカップ中国2023予選でタジキスタン代表と対戦し、3-0で勝利した。

 南野拓実のゴールで2点を先取して迎えた64分、中島翔哉に代わって左サイドに入ったのが浅野拓磨だった。日本代表のピッチに立ったのは、昨年の9月以来のこと。ケガで、招集辞退が続いた。5日前に6-0で勝利した、ホームでのモンゴル戦では出番が回ってこなかった。だからこそ、代表復帰への思いは誰よりも強かった。

 持ち味であるスピードを生かした裏への抜け出しを、左からうかがう。72分に鎌田大地からのパスをダイレクトで中央の南野へ折り返すと、その1分後にも左サイドを抜け出してボールを呼び込む。少しずつだが、確実にゴールへの形を作っていった。そして80分、南野とのワンツーから持ち味を発揮すると、その3分後には酒井宏樹のクロスについに頭で合わせてゴールを決めた。

 試合後、感想を聞かれると「久しぶりに代表のピッチに立てたこと、チームの勝利に、ゴールで貢献できたことを素直にうれしく思います」と喜びを噛み締めた浅野。「今、新天地でプレーしていますが、どこでもやるべきことは変わらないと思う。代表のピッチでも変わらない。代表復帰を目指していた分、代表のピッチでゴールできたことが、僕にとってプラスになる。まだまだ課題のほうが多いので頑張りたい」と語った。

 完全復活への布石は整った。「僕も一試合でも多く(代表に)貢献したい」。カタールW杯までの道のりはまだ始まったばかりだ。

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
62pt
横浜FM
61pt
鹿島アントラーズ
59pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
81pt
横浜FC
76pt
大宮
74pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
62pt
藤枝
57pt
群馬
54pt
Jリーグ順位をもっと見る