2019.08.28

PSV、堂安律の獲得合意を発表!…東京五輪前に念願のステップアップ実現

堂安律のPSV移籍が決定した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 PSVは27日、日本代表MF堂安律の獲得でフローニンゲンと合意に至ったことをクラブ公式サイトで発表した。今週中にメディカルチェックを行い、移籍を完了させるという。

 念願の“ステップアップ”がついに実現した。オランダ紙『デ・テレグラーフ』は18日、堂安のコメントを掲載。「ステップアップをしたいと思っています。移籍するなら確かにPSVで、彼らは長い間、僕の動向を追っています。最初のコンタクトは6年前でした。両クラブが解決してくれることを願っています」と、PSVとのコンタクトを取っていることを認め、移籍への思いを語っていた。

 PSVのテクニカルマネージャーを務めるジョン・デ・ヨング氏は、「我々のチームに万能なアタッカーを加えたかった。ドーアンは我々のプロファイルに完全にマッチしている。獲得合意を発表できて嬉しいよ」とコメント。

 フローニンゲンのテクニカル・ディレクターを務めるマーク・ジャン・フレッデルス氏は、同クラブの公式サイトを通じて「詳細は話せないが、最終的な結果に満足している。ドーアンのPSV移籍は、フローニンゲンのクラブ史上で最も大きなディールのひとつだ。とても誇りに思っている。PSVとリツはこの数日で移籍を完了させるだろう。彼の今後のキャリアでの成功を祈っている」と話した。

 堂安はガンバ大阪の下部組織出身の21歳。高校2年生の2015年にプロデビューを果たすと、2017年にフローニンゲンへ1年間の期限付きで移籍。1年目からリーグ戦で9得点を挙げるなど活躍すると、フローニンゲンは買取オプションを行使して完全移籍した。

 PSVはリーグ優勝24回、国内カップ戦優勝9回、チャンピオンズリーグ(旧・UEFAチャンピオンズカップ)優勝1回を誇るオランダ屈指の名門。これまで、ルート・ファン・ニステルローイ、アリエン・ロッベン、ジョルジニオ・ワイナルドゥムといったオランダ代表をはじめ、数多くの選手を国外のビッグクラブへと輩出してきた。アジア人としては、元韓国代表のパク・チソンが2003年に京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)から加入。2004-05シーズンのチャンピオンズリーグでベスト4進出に貢献すると、2005年にマンチェスター・Uへの移籍を果たしている。昨シーズンのリーグ戦はアヤックスに次ぐ2位でフィニッシュ。今シーズンはここまで2勝1分で6位につけている。

 来年に迫った東京オリンピック出場、さらなるビッグクラブへのステップアップへ、堂安の新たな戦いが始まる。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
13pt
レスター
11pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
13pt
バイエルン
11pt
ドルトムント
10pt
欧州順位をもっと見る
アスレティック・ビルバオ
11pt
レアル・マドリード
11pt
グラナダ
10pt
欧州順位をもっと見る
インテル
12pt
ユヴェントス
10pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング