2019.07.12

鹿島、FW安部裕葵の移籍でバルサとクラブ間合意…メディカルチェック後に正式契約へ

バルセロナ移籍が決定した安部裕葵 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 鹿島アントラーズは12日、バルセロナと日本代表FW安部裕葵の移籍でクラブ間合意に達したことを発表した。正式契約の締結は現地でのメディカルチェック後となる。

 安部は1999年生まれの20歳。S.T.FCから広島県瀬戸内高校に進学すると、出場したインターハイで3ゴールを挙げてスカウトの目に留まった。2017年に鹿島アントラーズに入団し、今シーズンは背番号”10”を着用。先月18日にはコパ・アメリカのチリ戦に途中出場して、A代表デビューを果たした。

 バルセロナのトップチームには、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシやウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表FWフィリペ・コウチーニョといった世界を代表するスター選手が所属する。安部はスペイン3部に属するバルセロナBからのスタートとなる見込みだ。

 また、同クラブのライバルチームは、日本代表MF久保建英の移籍先であるレアル・マドリード。バルセロナとレアル・マドリードが対戦する”エル・クラシコ”は、世界で最も注目される試合の一つとされ、今後日本人対決が実現する可能性もある。

 鹿島の公式サイトには安部のコメントが掲載され、「高校卒業から2年半の月日を鹿島アントラーズで過ごし、プロサッカー選手として、人間として大きく成長することができました。すべてのアントラーズファミリーと勝利のために戦えたことは、自分の誇りであり財産です。今回、シーズン途中でチームを離れることは難しい決断でしたが、FCバルセロナで新たな挑戦をしたいと強く思い、移籍を決めました。これから直面する様々な困難や壁も、自分の成長には絶対に必要なことだと信じています。鹿島アントラーズというクラブで経験したすべてを糧に、これからも一日一日、一瞬一瞬を大切にして、フットボールと向き合っていきたいと思います。本当にありがとうございました」 とクラブへの感謝の意を表した。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
42pt
横浜FM
39pt
鹿島アントラーズ
37pt
Jリーグ順位をもっと見る
京都
43pt
柏レイソル
43pt
山形
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
熊本
33pt
北九州
30pt
藤枝
28pt
Jリーグ順位をもっと見る