2019.06.25

中島翔哉のゴールで先制も同点で後半へ…日本は引き分け以下でGS敗退に

中島翔哉の大会初ゴールで日本が先制した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表は25日、コパ・アメリカ グループステージ最終節でエクアドル代表と対戦。1-1で前半が終了した。

 試合は15分、岡崎慎司がスルーパスに抜け出すと、相手GKがエリアを飛び出しクリア。これを中島翔哉が拾うと無人のゴールへ突き刺した。岡崎が抜け出したシーンでオフサイドが疑われるもVARの末、中島の今大会初ゴールが認められ日本が先制した。

 しかし、35分にシュートのこぼれ球をアンヘル・メナに押し込まれ、エクアドルが同点に追いついた。

 日本はこの試合で勝利すればグループ3位が確定し、決勝トーナメント進出が決定する。引き分け以下の場合はグループA3位のペルー(勝ち点4、得失点差-3)、グループB3位のパラグアイ(勝ち点2、得失点差-1)を下回り、グループステージ敗退となる。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング