FOLLOW US

ウルグアイ戦は”正念場”…森保監督「何人かの選手は変わる」冨安「ビビッてやっていても勝てない」

前日会見に臨んだ森保監督(左)と冨安(右)

 日本代表は、21日のコパ・アメリカ グループステージ第2節でウルグアイ代表と対戦する。先だって行われた前日会見には、森保一監督と冨安健洋が出席した。

 初戦のチリ戦から中2日でウルグアイ戦を迎えることについて、森保監督は「何人かの選手は変わることになると思います。今日の練習でコンディションを見極めて、メンバーを決めたいです」と語った。

 チリ戦と同様、ウルグアイ戦も激しい試合展開が予想される。「まずは球際の攻防が大切。激しいボールの奪い合いに、勇気を持って挑んでほしいと思います。ウルグアイには世界トップクラスの選手がいます。前線の2人を含めた速攻に注意しつつ、チームとして攻撃を組織的に止めていければ。プレーのスピード、個で外す動き、外せない時は組織として連動してゴールに向かっていくことが重要だと思います」と、森保監督はウルグアイ戦のポイントを解説した。

 エディンソン・カバーニと、ルイス・スアレス。ウルグアイには強力なフォワードが2人いる。彼らと対峙することになる冨安は、「ビビッてやっていても勝てないし、僕らはチリ戦の時よりもチーム一丸となって戦うことで勝利に結び付けられるようにしないと」と意気込む。「映像を見ましたけど、シンプルにカバーニやスアレスを起点に攻撃していますね。その2人にボックス内でボールが渡ると難しい状況になるかな、と。チリ戦よりも、できるだけ高い位置で守備をしたいです。コンパクトに保ちながらの守備がポイントになります」と、ウルグアイ戦の展望を語った。

 チリ戦では0-4と大敗を喫した日本代表。ウルグアイ戦では、何としても勝利がほしいところだ。試合は、21日8時にキックオフを迎える。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA