FOLLOW US

出そろった各国のエースたち…コパ・アメリカに集う12人の“10番”

コパ・アメリカに出場する各国の10番が出そろった [写真]=Getty Images

 6月15日、ブラジルで開幕するコパ・アメリカ2019の出場メンバーが出そろった。南米サッカー連盟に属する10チームと、アジアからの招待国である日本、カタールの計12カ国のエースナンバー「10」を背負うプレーヤーを、ここでは一挙に紹介したい。

写真=Getty Images
*カッコ内は現所属クラブ

ブラジル


ウィリアンチェルシー/イングランド)
本来10番を背負うはずだったネイマールが、6月5日に行われたカタールとのテストマッチで負傷離脱。急遽、代わりに招集を受けた。

ボリビア


サムエル・ガリンド(オールウェイズ・レディ/ボリビア)
3月のキリンチャレンジカップで来日した際にも10番を着けてプレーした。

ベネズエラ


ジェフェルソン・サバリノ(レアル・ソルトレイク/アメリカ)
MLSで活躍する22歳の新鋭。主要国際大会出場は今回が初だ。

ペルー


ジェフェルソン・ファルファン(ロコモティフ・モスクワ/ロシア)
2015年大会でも10番を背負ってプレーした34歳のベテラン。

アルゼンチン


リオネル・メッシバルセロナ/スペイン)
アルゼンチンの10番はもちろんこの人。2010年W杯からアルゼンチンのエースナンバーを背負い続けている。

コロンビア


ハメス・ロドリゲスバイエルン/ドイツ)
2015年、2016年のコパ・アメリカ、さらに2018年ロシアW杯に続いて10番を背負うエース。

パラグアイ


デルリス・ゴンサレス(サントス/ブラジル)
コパ・アメリカでは2015年、2016年大会に続いて3大会連続で10番を背負う。

カタール


ハサン・アル・ハイドス(アル・サッド/カタール)
代表105キャップを誇るMFにしてチームのキャプテン。2019年アジアカップに続いて10番を任された。

ウルグアイ


ジョルジアン・デ・アラスカエタ(フラメンゴ/ブラジル)
2015年コパ・アメリカでディエゴ・フォルランから10番を受け継いだ。昨年のロシアW杯でもウルグアイ代表の10番を背負った。

チリ


ディエゴ・バルデス(サントス・ラグナ/メキシコ)
メキシコで力をつけた25歳は、自身初となる10番を背負っての国際大会に挑む。

日本


中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)
森保ジャパン発足後、新10番に。今年開催されたのアジアカップでも着ける予定だったが、残念ながら負傷離脱。

エクアドル


アンヘル・メナ(レオン/メキシコ)
2016年コパ・アメリカには14番を着けて出場したが、今回は10番に抜擢された。

文=寺沢薫

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA