2019.06.09

A代表入りから苦節9年…30歳にして初ゴールの永井「初めてFWとしてチャレンジできた」

エルサルバドル戦でA代表初ゴールを挙げた永井謙佑 [写真]=兼子愼一郎
サッカー総合情報サイト

 キリンチャレンジカップ2019が9日に行われ、日本代表はエルサルバドル代表を相手に2-0で勝利を収めた。試合後、永井謙佑がインタビューに答えた。

 9年もの歳月が流れていた。永井がA代表入りを果たしたのは、2010年のこと。AFCアジアカップ最終予選・イエメン戦に臨む日本代表に、永井は当時大学生ながら選出された。

 エルサルバドル戦の19分、永井は持ち味の俊足を生かして相手最終ライン裏に抜け出すと、鋭い切り返しでDF2人を置き去りにし、左足のシュートで先制点をマークした。デビューから9年後の代表初ゴールを、永井はどのように捉えているのだろうか。

「今まではサイドでの出場ばかりだったので、初めてFWとしてチャレンジできました。自分の得意なポジションでプレーさせてもらえて、ゴールも決めることができて、すごく嬉しかったですね」

 所属元のFC東京では2トップ、日本代表では1トップでの起用だった。永井は、日本で一番レベルの高い場所でプレーする感覚を、こう語った。

「パスを出せる選手がどこのポジションにもいるので、まず自分は1点目みたいに背後を狙う意識を持ってやっていましたし、上手くあそこでゴールを取れたことで日本のリズムにもなった。相手にボールを持たれても、“持たせている”ような感じでできていたので、そこは良かったかなと思いますね」

 ロンドンオリンピックのエースも、今年3月5日に30歳となった。今回のキリンチャレンジカップ2019で得た経験は、永井をどう変えていくのだろうか。

「代表に来てたくさん刺激をもらいましたし、こうやって自分の特長を出させてもらっているのはありがたいこと。チームのために、代表のために、ゴールを取れるようにこれからも準備していきたいですね」

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
33pt
横浜FM
30pt
川崎F
28pt
Jリーグ順位をもっと見る
山形
39pt
大宮
35pt
水戸
34pt
Jリーグ順位をもっと見る
熊本
26pt
北九州
25pt
讃岐
22pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング