2019.06.09

サイドを切り裂いた“快足WB”伊東、決定機創出の場面では「自分でシュートを打っても…」

伊東純也がエルサルバドル戦を振り返った [写真]=兼子愼一郎
サッカー総合情報サイト

 キリンチャレンジカップ2019が9日に行われ、日本代表はエルサルバドル代表を相手に2-0で勝利を収めた。試合後、伊東純也がインタビューに答えた。

 5日のトリニダード・トバゴ戦と同様、今日も日本代表は3バックシステムで試合に臨んだ。伊東は右のウイングバックとしてスタメン出場し、59分までプレーした。どのようなことを意識しながら試合に入ったのかと記者団に問われると「なるべく高い位置を取るということは意識していました。前からプレッシャーをかけにいくという部分は、トミ(冨安健洋)と声をかけ合いながら対応しました。多少リスクを犯してでも、前からいくということは意識していましたね」と語った。

 試合開始6分、伊東はいきなりサイドを切り裂いた。快足を生かして右サイドを突破すると、マイナス方向にクロスを供給。中央に走りこんだ原口元気がダイレクトシュートを放ったが、ボールはゴールの上に大きく外れた。

「あの場面とかは、自分でシュートを打っても良かったかな(苦笑)。ちょっと焦ってしまったというか、仲間を使うことしか考えていなかった部分があったので。シュートの意識があれば、もっと良かったかなと思います」

 自らのプレーの反省を口にした伊東だが、今日の日本代表で相手に脅威を与えていた選手の一人は、間違いなく背番号「14」を背負ったこの男だった。伊東は、自らが森保ジャパンの重要なピースであることを、このキリンチャレンジカップ2019で改めて証明した。

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
60pt
藤枝
60pt
Jリーグ順位をもっと見る