2019.05.27

「絶対に結果を出してやる」…宮代大聖が気持ち込めたバースデー弾2発!

宮代大聖
19歳の誕生日に自ら2発の祝砲を放った宮代大聖 [写真]=Getty Images
Kota Minato

 自身の誕生日に世界の舞台で大仕事をやってのけた。U-20日本代表FW宮代大聖が、19歳の誕生日を迎えた5月26日にFIFA U-20ワールドカップ ポーランド2019・グループステージ第2節のメキシコ戦で2ゴールをマーク。日本を3-0の快勝に導く活躍を見せた。

 宮代は、23日に行われた初戦のエクアドル戦で後半スタートから途中出場だったが、この日はスタメンに名を連ねた。「スタメンで出られるチャンスをもらって、絶対に結果を出してやるっていう思いも強かったし、もちろんチームの勝利に貢献したい気持ちも強かった。ハードワークして、しっかり結果を出そうと思いで入りました」

 その強い思いは、立ち上がりの21分に形になった。相手のクリアボールを藤本寛也がダイレクトでペナルティエリア左へ蹴り返すと、このボールに宮代が反応。左足を振り抜いて先制点を決めた。「空中のボールを(田川)亨介くんがいい形で競ってくれていたので、その背後はずっと狙っていた。ファーストシュートで決めきれたのは良かった。あの時間帯で1点を取れたのは、みんなの気持ち的にも楽になったと思うし、ああいう時間帯でも決めきれるのは、今後の試合でも大事だと思うので、それは続けていきたい」

 さらに2点リードで迎えた77分にも田川のスルーパスをエリア右で受けて右足を一閃。「2点目も亨介くんといい距離感を保てていたので、あそこのパス交換から1対1を冷静に決められた」。試合を決定づけるゴールネットを揺らし、19歳の誕生日に自ら2発の祝砲を放った。「誕生日に得点できたのは非常に嬉しいし、今後につながる得点でもある」

 試合後にはチームから祝福を受けた。「決めてほしいと思っていた」とバースデー弾を期待していたGK若原智哉は試合後に「『ナイス! おめでとうな』って言ってお互い褒め合いました」という。影山雅永監督も試合後の会見で「誕生日に点を取るのは最高のことですよね。誕生日に勝利で祝ってもらえて、いいなあと思いました」と称えていた。

 日本は1勝1分としてグループステージ突破に大きく前進した。2ゴールで貢献した宮代は、「結果を出したい気持ちは強かったので、2得点はポジティブにとらえている」と自信を得た様子。ただ、29日に行われる第3節の相手は2連勝の強敵イタリア。「突破は決まったわけではないですし、次の試合に向けてしっかりいい準備をしたい」と大仕事にも気を緩めることなく、前を向いた。

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
33pt
横浜FM
30pt
川崎F
28pt
Jリーグ順位をもっと見る
山形
39pt
大宮
35pt
水戸
34pt
Jリーグ順位をもっと見る
熊本
26pt
北九州
25pt
讃岐
22pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング