2019.05.23

北中米の雄が抱える“2大スター候補”と“不安要素”とは?【U20メキシコ代表】

U-20メキシコ代表にはすでにA代表デビューを飾っているスター候補が名を連ねる [写真]=Getty Images
海外サッカー専門誌の編集を務めた後にフリーとなり、ライター、エディター、スペイン語の翻訳&通訳、フォトグラファーとマルチに活動を展開中。

 通算16回目の出場はアメリカ、アルゼンチンと並んで最多タイ。1977年の第1回大会で準優勝し、最近では2011年の第18回大会で3位に入っている。23日から開幕するU-20ワールドカップに出場するメキシコ代表は、今回はそれを上回る結果を求めているが、期待と不安が入り混じる状況となっている。

 北中米カリブ海地区予選を兼ねた2018年のCONCACAF U-20選手権は、出場34チームを5チームないし6チームずつ6グループに分けてのグループステージを行い、勝ち上がった6チームを2つに分けてのU-20W杯出場権獲得ラウンド、ここを勝ち上がったチーム同士で決勝戦というフォーマットで行われた。メキシコはまずニカラグア、サン・マルタン、ジャマイカ、グラナダ、アルバとともにグループステージを戦った。第3節のジャマイカ戦こそ2-2の引き分けに終わったが、それ以外の国や地域との実力差は歴然としており、ニカラグアに7-0、サン・マルタンに4-0、グラナダに8-0、アルバ戦は10-0と大勝を続け、難なく次のステージに進出した。

 U-20W杯出場権獲得ラウンドではエルサルバドル、パナマと対戦。エルサルバドルに1-0で勝利し、パナマとは2-2の引き分けに終わって1勝1分けの勝ち点4、3得点2失点で得失点差+1とすべての数値でパナマと並んだが、フェアプレーポイントでわずかにパナマを上回って1位となり、U-20W杯出場権獲得と決勝進出を果たした。

 決勝では地区のライバルであるアメリカと対戦。球際の激しさと縦に速い攻撃に苦しみ、0-2で敗れて優勝を逃してしまった。U-20W杯出場権獲得ラウンドのパナマ戦でも相手のパワーや高さに苦戦しており、フィジカルを持ち味とするチームへの対応は本大会でも課題となるだろう。

スター候補を擁しながらも露呈した“不安要素”

ディエゴ・ライネス(左)とホセ・フアン・マシアス(右)は将来性豊かなスター候補だが… [写真]=Getty Images

 チームには2人のスター候補がいる。ディエゴ・ライネスとホセ・フアン・マシアスだ。ライネスは18歳ながら10番を背負う小柄なアタッカーで、左足でボールを操りながら密集を切り裂く姿から“メキシコのメッシ”の異名をとる。名門クラブ・アメリカのアカデミーからトップチームに昇格し、今年1月には5年契約でベティスに移籍している。

 マシアスはオマール・ブラボやハビエル・エルナンデスといった名FWを輩出したグアダラハラ出身のストライカーで、現在は国内のレオンというクラブでプレーしている。両足で正確なシュートが放てる上にヘディングも強く、どんな流れからでも、どんな態勢でもゴールを狙える万能型だ。CONCACAF U-20選手権では10ゴールを挙げて得点王に輝いており、本大会でも要注目の選手の1人と言える。メキシコは主に4-4-2の布陣で戦っており、相手によっては4-3-3や4-3-1-2も採用する。ライネスがサイドMFやトップ下、マシアスが最前線に入る形が一般的だ。

 ただし、この2人は大会前のトレーニングキャンプにはほとんど参加できず、チームに合流したのはイタリアとの初戦が行われるわずか3日前だった。ライネスは5月19日に行われるラ・リーガ最終節のレアル・マドリード戦、マシアスは同日のリーガMXリギージャ(上位8チームによる決勝トーナメント)準決勝のクラブ・アメリカ戦が終わってからポーランド入りしており、ほぼ“ぶっつけ本番”でイタリア戦に挑むことになる。

 2人の不在が影響してか、大会前に実施したトレーニングマッチではサウジアラビアに1-1と引き分け、コロンビアには1-3で敗戦。さらにはニュージーランドにも1-3で敗れ、小さくない不安を抱えたまま本番を迎えることとなった。2大エースに懸かる期待は必要以上に大きくなっているが、そのプレッシャーをはねのけることはできるだろうか。

文=池田敏明

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
33pt
川崎F
28pt
鹿島アントラーズ
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
山形
36pt
大宮
34pt
水戸
33pt
Jリーグ順位をもっと見る
熊本
23pt
讃岐
22pt
北九州
21pt
Jリーグ順位をもっと見る