2019.03.26

19年ぶり3度目の対戦…ボリビア代表について知っておきたい7つのこと

ボリビア代表
26日に日本代表と対戦するボリビア代表(写真は昨年10月のもの) [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 日本代表は26日に行われるキリンチャレンジカップ2019でボリビア代表と対戦する。4日前のコロンビア代表戦は0-1で敗戦。森保ジャパンとなってからは、初の連敗、そして初の無得点に終わった。注目の一戦を前に、19年ぶりに来日を果たしたボリビア代表について知っておきたい7つの情報を紹介する。

■南米有数の多民族国家

ボリビアの正式名称は「ボリビア多民族国」。中南米諸国の中でも先住民人口の比率が高く、アイマラ、ケチュアなどの先住民が全人口の約半数を占めている。現職のエボ・モラレス大統領は、ボリビア初の先住民出身の大統領として2006年に就任。2009年には、先住民の権利拡大が盛り込まれた新憲法を制定するとともに、国名をそれまでの「ボリビア共和国」から「ボリビア多民族国」に変更した。

■日本との対戦は3度目

日本とボリビアが対戦するのは今回で3度目。過去2戦は、日本が1勝1分けと勝ち越している。初対戦は、20年前に開催されたコパ・アメリカ1999のグループステージでのこと。1-1で引き分けると、翌年に行われたキリンカップで再び激突し、柳沢敦氏の2ゴールで日本が2-0の勝利を飾った。

■コパ・アメリカ優勝経験あり

最新のFIFAランキングは60位。アジアカップで初優勝を果たしたカタール(55位)よりも少し下という位置付けになる。W杯は、1994年のアメリカ大会の出場を最後に、ここ6大会連続で予選敗退となっている。ロシアW杯の南米予選は10カ国中9位だった。“南米勢最弱国”の一つとされているが、コパ・アメリカでは1963年大会で優勝した経験を持つ。

■最近12試合で1勝

ボリビアは最近14試合で、わずか1勝(7分け6敗)。唯一挙げた勝利は、昨年10月に敵地で行われたミャンマー戦(3-0)になる。ボリビアと言えば、首都ラパスが標高3640mに位置するように、高地でのホームゲームに特徴があるが、14試合中12試合はアウェイゲームだった。“平地”での戦いは苦手としており、ミャンマー戦以前のアウェイ勝利となると2017年6月のニカラグア戦(1-0)まで遡られなければならない。

■今年1月に新監督就任

22日に戦ったコロンビアと同じように、ボリビアも新体制が発足したばかり。同国出身のエドゥアルド・ビジェガス監督(54歳)は今年1月に代表監督に就任し、今回の日本戦が3戦目になる。3日のニカラグア戦は2-2のドロー、22日の韓国戦は0-1で敗れており、今回の一戦で初勝利を狙う。なお、同監督はボリビア屈指の名将として知られ、昨年12月には国内の強豪サン・ホセを率いて、後期リーグを制覇。監督として、ボリビア1部リーグ最多6度目の優勝を飾った。日本の森保一監督も、オズワルド・オリヴェイラ(現浦和レッズ指揮官)と並んでJ1リーグ最多3度の優勝を誇り、名将対決の行方にも注目だ。

■兄弟で代表を指揮

エドゥルド・ビジェガス監督は代表指揮官就任にあたって、弟のオスカルをアシスタントコーチに任命。兄弟そろって代表チームを率いることとなった。元プロサッカー選手の2人は、選手時代にもサン・ホセで同僚だった時期があり、指導者になってからも、国内の強豪ボリバルで共に下部組織の業務に従事していた。

■フレッシュなメンバー構成

ボリビアはフレッシュなメンバーで今回のアジア遠征に臨んでいる。招集された23人のうち、30歳を超える選手はGKカルロス・ランペ(32歳)とDFマルビン・ベハラノ(31歳)の2人だけ。平均年齢は25.22歳。代表キャップ数が40試合以上を記録する選手も、代表で5得点以上を記録する選手もいない。また、23人のうち、海外組はGKカルロス・ランペ(ウアチパト/チリ)、MFルイス・アキン(プエブラ/メキシコ)、MFアレハンドロ・チュマセロ(プエブラ/メキシコ)の3人だけ。欧州組は1人もいない。現代表のエースであるFWマルセロ・マルティンス・モレノは今冬に石家荘永昌(中国2部)に移籍した直後ということもあり、招集外となった。

(記事/Footmedia)

Jリーグ順位表

FC東京
30pt
名古屋
24pt
大分
24pt
Jリーグ順位をもっと見る
山形
28pt
水戸
27pt
大宮
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
18pt
讃岐
18pt
C大23
17pt
Jリーグ順位をもっと見る